埼玉

ジープとLavie(西武特急)と

8月7日、新聞うずみ火埼玉の集いに行ったとき 2つの「乗り物」を写真に収めた。 まずひとつはこれ。 ジープだ。 自宅ちかくの交差点で見たときに 陸上自衛隊(官舎がちかくにある)の車両かなと思ったら ラフな服装の人が運転していたので ナンバープレー…

新聞うずみ火埼玉読者の集いに参加した

コロナの第7波やら合唱団の練習やらで 大阪の新聞うずみ火の皆さんとは ご無沙汰状態だったが、 きのう同じ読者仲間のNさんのお誘いを受けて 狭山市へ行ってきた。 久しぶりの埼玉県の読者さんたちと いろいろな話になったが やっぱり「コロナ」と「老後」…

所JAPANで取り上げてくれた「武蔵野線」沿線!

きのうのフジテレビ「所JAPAN」は 私にとって身近なJR武蔵野線沿線を取り上げてくれた。 経済アナリストの森永卓郎さんが 「子育て世帯を取り合いしている地区」として この沿線が注目されているのだと。 私が社会人1年目として働き始めた職場は 東所…

次点で落選したのは公明党だから!?最高裁「スーパークレイジー君」の当選無効判決(埼玉・戸田市議選)

5日のwebニュースで知った。 「埼玉県戸田市の市議選をめぐり、 当選無効と判断された スーパークレイジー君こと西本誠市議(35歳) が判断の取り消しを求めた裁判で、 最高裁は4日、市議の上告を退ける判決を言い渡しました。 当選無効が確定し失職する…

東京オリンピックのチケット代とバイオリンコンサートと

忘れないうちにこのお話を。 「返ってきた。よーし!」 東京オリンピックが無観客になって 払ったチケット代の返金が決まり 公式サイトから面倒くさい手続きを取って 「11月中旬に振込み予定です」というので 12月7日、仕事や給与振込口座が 返金に使え…

私鉄の「通勤」「特急」の二刀流たち

あのMLBの「二刀流」、 大谷翔平はベーブルース以来103年ぶりになる 投手で10勝、本塁打でも二ケタの記録を巡って 大変な闘いを終えて、 記録更新はならなかったが 新しい神話を築いた。 大谷翔平の活躍「独身でないとできないんじゃ」AロッドとB…

「モヤさま」で見た!旧東武5700系を再利用したレストラン!

先週の日曜日だった9月5日の夜、 パラリンピック閉会式は録画して ヒマな時にゆっくり見ようと思い テレ東の「モヤモヤさまぁ~ず2」を見たら おっ!と、 かって東武鉄道で急行用に使われていた 5700系を店舗に使っている レストランが行田市になった…

2度目のワクチン接種を終えて(8月14日)

1回目とは打って変わっての気象。 雨の一日で暑さはあまりなく 途中でスニーカーの右側に穴があったのがわかって 足がびしゃびしゃになっても 何もすることが出来ないまま 2度目のコロナワクチン接種会場に向かった。 予約の時間は11時40分から。 そこ…

コロナワクチン接種1回目(7月17日)

梅雨明けで晴れ空の土曜日。 職場のトラックヤードに近い 送迎バス乗り場に向かう。 運転手さんが待っていて 所属・名前と帰りもバスを使うかどうか書いてくれとのことなので その通りに従う。 出発は8時55分。 乗ったのは私を含めて3名。 まあ仕方があ…

きょうコロナワクチン職域接種「1回目」へ

やっとここまで来れた。 コロナワクチン職域接種の予約システムが通じて きょう10時20分過ぎ(予定)に 1回目の接種が受けられることになった。 ただしいまの職場ではなく 接種を開始している別の職場で やることになったのだ。 モデルナ社製のワクチン…

学校のプールがなくなる日が「もう近い」

きょうの東京新聞社会面に「これは!」という記事があった。 老朽化した小学校のプールを改修・新築せずに 廃止・撤去をして、水泳の授業は 近くの屋内プールで行うようにするという 自治体が多くなったという話だ。 学校のプール、廃止相次ぐ…水泳の授業な…

コロナワクチン接種の途中経過

総理が7月末に完了されるとかうそぶいていた コロナワクチン接種(65歳以上)。 ここまで、我が家関係は、 家長(父・80歳)は 前立腺がんの検査や今後の治療方針が最優先で、 事前のPCR検査で陽性が出なかったことから 今回は「見送り」。 母(70…

コロナワクチン接種の予約で 高齢者「だけ」大迷惑!

これは16日のお話である。 久しぶりに「新聞うずみ火」での知人と 狭山・入曽のデルフィーノで食事(3名!)をした時のこと。 知人がなんと地元の社会福祉協議会(社協)からお願いされて コロナワクチン接種の予約に関する 受付のお手伝いのボランティア…

1年前に志村けんのファンになった10歳の女の子!

志村けんの笑いがこれからも 多くの人たちの記憶に残ってくれたらと 以前このブログで書いたら、 なんと7日のテレビ東京 「家、ついて行ってイイですか?」で なんと驚きと喜びが同時に! (練馬区のゼンエー青果店にて。) このりおちゃん(10歳)が 志…

福島第一原発事故を風化させないために 吉田千亜さんの場合

吉田千亜さん。 初めて知ったきっかけは 地元の東日本大震災松戸東北交流プロジェクト 「黄色いハンカチ」の総会で 様々な団体の活動パンフレットを見たときに、 埼玉県で自主避難者をサポートする 川越市のプロジェクトのを見た時に その名前を見たことから…

2度目の「コロナ」緊急事態宣言の発令ですけど・・・

2021年1月7日、 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に 緊急事態宣言が再度発令された。 こちらは別に仕事が休みになるわけではないので 平常通りの出勤だが 帰りの電車はガラガラ。 (8日は少々乗客が多かったが) そう、5月の下旬から起きた 最初の…

新型コロナウイルスに勝てないから・・・(2020年振り返り)

(27日、北松戸の山崎製パン寮の前で見つけた。) 新型コロナウイルスを甘く見ていたのか。 決してそうではなかった。 でも水際作戦に失敗した。 これは事実だった。 手洗い・うがい・マスクで感染を阻止できる。 でも出来なかった。 感染者数は増えていく…

モースと熊谷と(熊谷空襲の戦跡を歩く・番外)

エドワード・S・モース(1838~1925) アメリカの動物学者で 明治維新が始まった頃の標本採集のために来日し 大森貝塚を発見したことで知られている。 というか、私が知っている範囲では この知識といった感じだが、 熊谷空襲のフィールドワークに…

埼玉県杉戸町で芭蕉の跡を見つける

(承前・きのうのつづき) 東武動物公園駅を降りて 南口から、旧日光街道の方へぶらぶら歩いていると 大落古利根川沿いにある神社に このような石の山を見た。 これは富士浅間神社の神をまつった塚で 杉戸にも富士山信仰があったことを示しているそうだ。 こ…

熊谷で見た「ラグビーW杯」応援電車

13日の熊谷空襲フィールドワークを終えて 一泊したあとの翌朝、ゆっくり帰宅しようと思い 久しぶりに秩父鉄道線のホームへ。 元・東急の車両が走っている。 特にこれは!と思ったのは 昨年盛り上がった ラグビーW杯の応援電車が まだ走っていたことだ。 開…

熊谷空襲の戦跡を歩く(6)

(承前・きのうのつづき) 石上寺から、星川通りを歩いている途中に 「戦災者慰霊之女神像」があった。 1975年(昭和50年)8月16日に 長崎平和公園の平和祈念像を手掛けた 人間国宝の北村西望氏の作である。 その隣には碑文があった。 「慰霊碑建立…

熊谷空襲の戦跡を歩く(5)

(承前・きのうのつづき) 星渓園の隣にある、 星河院・石上寺(せきじょうじ)。 ここにも空襲で被害にあった跡がある。 本堂の向かいに立つ このケヤキの木。 縦に割れたところがあるが これが空襲で焼けた跡なのだと 住職からの話で聞いたのだ。 さらに本…

熊谷空襲の戦跡を歩く(4)

(承前・きのうのつづき) 熊谷寺(ゆうこくじ)の正面から 八木橋百貨店の入り口に。 ここで案内役の米田主美さんらが 教えてくれた2つのポイント。 まず一つ目は 戦前まではこの百貨店のある地点を 旧の中山道が突っ切っていたのだ。 空襲のあとに大規模…

熊谷空襲の戦跡を歩く(3)

(承前・きのうのつづき) 大きな通りを歩いている途中で 小さな駐車場があった。 その隣の塀に説明版が。 「この駐車場の奥に石灯篭があります。 空襲で焼け残ったものです。」と案内人の米田主美さん。 どこだろうと駐車場に入ってみたら 左奥にそれがあっ…

熊谷空襲の戦跡を歩く(2)

(承前・きのうのつづき) 12月13日、熊谷駅東口で13時に待ち合わせた フィールドワークの参加者は7名。 そこに案内役の米田主美さんと清水貴子さん、 いずれも「熊谷空襲を忘れない市民の会」の メンバーを先頭に出発。 駅からまっすぐ北へ直進して …

熊谷空襲の戦跡を歩く(1)

駅から1km以内、 探せばわずかにある。 しかし誰も関心をもたなければ 過ぎ去ってそのままに。 そして風化してしまう。きのう、新聞うずみ火の 埼玉県の読者を中心に 終戦前の1945年8月14日の深夜に起きた 熊谷空襲のフィールドワークに 行って来た。 案内…

在日米軍は「GoTo」は禁止なのです!(首都圏)

私のまわりの人たちが 「GoToトラベル」を利用したという話を よく聞いたものだが、 きのう発売(きょう発行)の日刊ゲンダイに こんな記事が出ていた。 在日米陸軍司令部は3日から 主に東京都・神奈川県・千葉県の人口密集地を 「off limits…

ウーバーイーツについて 最近のちょっとした傾向

あのウーバーイーツの配達員が コロナ禍による不況が止まらないことから ますます人数が増えすぎて 一部の地域では厳しい闘い、すなわち 配達による稼ぎを増やしたくても それがままならない状況があるということ。 東京新聞の23日付朝刊一面では 世田谷区…

コロナ禍に翻弄されたまま12月へ(今週のお題も)

3連休のきのう22日、 「新聞うずみ火」の読者とその知り合いと 狭山市入曽の「デルフィーノ」で 会食をした。 (西武新宿線入曽駅東口。店は西口のすぐ近くにある。) もう冬の味覚。 メインのパスタ・ピッツァそしてリゾットも 牡蠣や蟹、そしてホタテ貝…

性的少数者を差別してるのは井上英治・春日部市議会議員ですよ!(本人は自覚なし)

性的少数者を差別する発言をしておきながら 本人に自覚がないことは とんでもないことだと思う。 それが井上英治・春日部市議会議員(71歳・無所属)の いまの現状だ。 「左翼の作戦」「同性婚など憲法違反の実現が狙い」 「性的少数者のカップルを異性婚…