唄・歌・芸術

沖縄連帯コンサートin荒川を鑑賞した話

素晴らしかった。 いい酒を飲むことが出来た。 自由な風の歌合唱団コンサートの練習会場で 見つけたチラシ。 きのう、自宅に近いサンパール荒川で 以前に参加した「悪魔の飽食」東京合唱団が主催する 沖縄に連帯するコンサートを聴きに行ってきたのだ。 池辺…

秋の訪れに思うこと

台風接近のニュースが流れている。 www.asahi.com 気がつけば秋が少しずつ訪れている。 しかし、世間的には統一教会と政治を巡る関係や 「安倍元首相の国葬反対」を求める声が 大きくなり、内閣支持率にまで影響している。 www.nikkei.com これはまさに、秋…

ショパンもロシアと・・・(ショスタコーヴィチも)

きのうのブログで書き残したことがある。 自由な風の歌合唱団コンサートの構成とピアノ演奏に携わった 崔善愛(チェ・ソンエ)さんが 演奏の合間に話をしてくれたことだった。 崔さんは長年ピアニストとして フレデリック・ショパン(1810~1849)の…

コンサート「自由な風の歌16」が終って

無事に終わった。 合唱指導でお世話になった飯村孝夫先生が コロナで療養中のために プログラムの変更があったが、 カタロニア民謡の「鳥の歌」 宮沢賢治の詩より「祈り」「ポラーノの広場のうた」 そして「日本国憲法」の前文・9条を 歌い切った。 今回は…

古谷一行さんの訃報を聞いて

子どものころから テレビドラマを見ると、この人の顔がいつも見ることが出来た。 きらびやかな感じはしないが 存在感があった。 とぼけたところがあるけど 信頼感が高かった。 なにより、心からにじみ出るような 暖かさがあった。 それが俳優・古谷一行さん…

2022年8月28日の東京から(表参道と久我山)

28日の日曜日、「自由な風合唱団」コンサートの 開催まで日数が迫っているなかで練習の日、 午後1時半から久我山会館(杉並区)で行うということで 10時過ぎに自宅を出て常磐線・東京メトロ半蔵門線と 井の頭線で移動したがその途中で 表参道駅で鮮やか…

終戦記念日の前日に「戦争×漫画1970~2020」を読んだ。

13日、眼科検診を終えて 茨城・つくばなどに行き 最後に自宅近くの書店で買ったのはこれだ。 昨年6月に発売された ビックコミックオリジナル特別編集「戦争×漫画1970~2020」だ。 以前、他の戦争を伝える漫画を読んできたが shiraike.hatenablog.com shir…

原爆と長崎と・・・この歌と

こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波に 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る 「長崎の鐘」より サトウハチロー作詩・古関裕而作曲の この歌を昨日の夜 「BS日本 こころの歌」で聞いた。 …

「コンサート・自由な風の歌16」の告知です!

30日の練習のあとに実行委員の方から いまのところ行動制限がないことから 実現ができると言われてホッとした。 何のことですか?これです。 改めて「コンサート・自由な風の歌」が 9月12日の夜18時半に行われます。 会場はJR荻窪駅前の杉並公会堂…

杉並・浜田山でひいきの食堂をみつけた(自由な風の歌コンサート16)

7月30日、自由な風の歌合唱団の練習が 杉並区の浜田山会館で行われた。 思ったよりも声が出すことが出来て良かったと同時に 「広報すぎなみ」の最新号で新しく区長になった 岸本聡子氏の抱負を見ることが出来た。 これも大きい。 www.kishimotosatoko.net…

「日本沈没」をはじめてドラマと映画で見たぞ!

今週のお題「SFといえば」だが なんといってもCS放送の日本映画専門チャンネルが 先月19日に1日まるごと「日本沈没」を 連続テレビドラマ全話(当時のTBS系・1974年)と 映画(同じく東宝・1973年)を一挙放送したのを 半分ほど見たときの衝…

合唱練習と東京駅と高円寺駅

7月17日、「自由な風の歌」合唱団の練習で 吉祥寺の南町コミュニティセンターへ。 この練習で一番印象に残ったは 「合唱」と「重唱」の違いのことだった。 合唱となると自分のパートを覚えて 音合わせをしっかりとやった上で ハーモニーを合わせることを…

みのり台の元・床屋さんで個展(八澤季実 えんどれす)

参院選の投票日だったきのう10日、 自宅から近い松戸市稔台(駅名はみのり台)1丁目の 家々の間にある路地裏の 床屋さんだった場所で開かれていた 八澤季実さんの個展「えんどれす」を見に行った。 「理容 シルバー」の看板が残っていたが これがギャラリ…

合唱の練習と荻窪の「菜肉丼」

きのうは自由な風合唱団の練習に行ってきた。 以前は何度も通った 吉祥寺美術館の音楽室が会場だった。 コロナ禍で使えなかった時期が長くて、 もっと借りやすい場所もある(合唱団のメンバーの居住地の関係で) ということもあって ずいぶん久しぶりになっ…

銚子電気鉄道が経営黒字化に!

きのうのブログでは八街市での飲酒運転による 死傷事故から1年のことを取り上げたが きょうはその八街から東のほうにある 銚子から明るいニュースを。 経営状態が「まずい」状態だった あの「銚電」こと銚子電気鉄道が 6年ぶりの経営黒字を達成したのだ! …

鶴見線から浜川崎経由で川崎駅まで(6月24日)

(きのうのつづき) 横浜市鶴見区の おきなわ物産センターへ行ったあとに 足を延ばしてゴム通りを南下して JR鶴見線の浅野駅まで歩いた。 近くにある踏切から先はJFE東日本の施設へと つながる道だった。 浅野駅から鶴見線は大川・扇町へ向かう線路と …

なかの芸能小劇場で合唱団の練習

期日前投票を前日に済ませて きのうの午前中に行ってきたのは 「自由な風の合唱団」の練習。 会場は中野駅から近い なかの芸能小劇場だった。 ここは中野区社会福祉協議会の管理する施設で ビルの2.3階に小ホールが設けていて 若手芸人に広く開放しているの…

「表現の不自由展・東京」最後まで完走できた!(あいちトリエンナーレのその後も)

最後まで走り切ることが出来てよかった。 携わった関係者はみんなそういう思いで いっぱいだったと思う。 先月の2日に行ってきた 表現の不自由展・東京に関する記事が 25日の東京新聞朝刊に載っていた。 「不自由展は、自分たちが暮らす社会で行われてい…

イランのイスラーム陶器を見た(松戸市立博物館)

22日の東葛市民合唱団「はるかぜ」コンサートの前に 時間があったので、初めて森のホールの隣にある 松戸市立博物館に入った。 常設展は有料(一般310円)だが 特別展は無料なのでこっちのほうに入った。 「イランの技とデザイン」というテーマだったの…

3年ぶりの東葛市民合唱団「はるかぜ」コンサート!

嬉しかった、 3年ぶりに聴くことが出来た。 2018~19年に正団員ではないが コンサートに参加させていただいた 東葛市民合唱団「はるかぜ」のコンサートを きのう見にいった。 まん防が解除されたこともあって 森のホール(松戸市文化会館)の 小ホー…

沖縄慰霊の日に流れる「月桃の歌」

何度も6月23日に合わせて沖縄に足を運び 戦没者慰霊式典に参加した。 (摩文仁の丘の国営沖縄平和祈念公園で) (この写真は2020年に撮影。) この式典のまえに会場でBGMで流れていた歌が とても気になっていたが、 本土に戻るといつも調べるのを 忘れ…

上島竜兵さん逝く

いま、このブログを書いていても 信じられない。 ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが きのう未明に自死したのだ。 朝8時過ぎにwebニュースの速報が飛び込んで、 「えっ!」ウソじゃないのか。 でも仕事帰りに買った日刊ゲンダイを読んで やっぱり本当だった。 た…

実物大のガンダムを見た!

(きのうのつづき) 東京の2022憲法大集会に参加して パレード行進の台場コースを歩き抜いた。 その流れ解散後に、ゴール地点で ふと見えたものがある。 「ガンダムだ!」 橋に通じる階段を上って左のほうに歩くと 見えてきたのは ユニコーンガンダムの…

1泊2日、関西とお花見の旅(前編)

楽しかった。 と同時にいろいろな事情も知った。 購読している「新聞うずみ火」のお花見のために 大阪と京都に行ってきた。 (行きの新幹線で撮った富士山。三島と新富士の間で。) 新大阪に着いてまだお花見の待ち合わせ時間があるので 足を運んだのはNH…

コンサートはダメだったが 習志野から「サクラサク」

うわぁ!当日券はなしか・・・ これなら電話をかけても予約すべきだった。 きのう、プラッツ習志野市民ホールで行われた ”響けよ 歌声”実行委員会による 日韓の高校生が交流する「河を越え 春が来るように」コンサートを 観る予定だったのが 予約で満席にな…

西郷輝彦さん逝く

やっぱり「江戸を斬る」の遠山金四郎かな。 主題歌の「ねがい」もよかった。 「星のフラメンコ」は懐メロとして 知ったが、コサキン(TBSラジオ)で 話題になった曲の名前を忘れて 調べ直したら、「真夏のあらし」だった。 ameblo.jp 以前、東京新聞最終…

「活け造り」や「踊り食い」が「日本」でも出来なくなるのか?(経済安保法案の問題も)

「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)が、 先月、カニやロブスターなど一部の甲殻類と、 タコ、イカなどの頭足類には 苦痛を感じる「知覚」があるとして、 『極端な調理法』の禁止を提言した。」 昨年12月21日発売の日刊ゲンダイ(22日…

麻布十番のギャラリー(八澤季実さん)と忍者ビール(ノンアルコール)

(きのうのつづき) 15日の駅弁大会に行き 駅弁2つを都営大江戸線の新宿駅のホームで食べたあと そのまま六本木方面の電車に乗り 麻布十番へ。 八澤季実さんの新年の挨拶文に添えられていた 展示を見るために。(千駄木のギャラリーとはまた別の) 小さな…

追悼 水島新司さん

ああ、この方も彼方の人となったのか。 漫画家の水島新司さんが10日に亡くなったという webニュースを見た。 www.asahi.com 私は50代だが、ちょうと小学生時代に 週刊少年チャンピオンで「ドカベン」を連載中で フジテレビでアニメ放送もやっていた頃だ…

2022年も千駄木のギャラリーにて

せんぱく工房(松戸・八柱)の 八澤季実さんから年賀状の返事が来て 昨年も見た千駄木のギャラリーKINGYOで開かれる 1000枚drawing展の招待状があった。 (vol.6)解放的な空間で 10人以上のアーティストの作品が展示されている。 これも昨年と同じ。 絵や写…