やっとauの音声通話がよみがえった!

きのうと同じ。午後8時過ぎに

仕事が終わって帰宅する前に

スマホで自宅に音声通話をアクセス。

「プルプルプル…」

つながった!自宅(電話をとった姉)と

連絡が出来た!良かった。

おとといのうちに再起動したからだろうか。

とにかく電話が出来るのだ。

ホッとした。安心した。良かった良かった。

きのうの東京新聞朝刊3面の記事より。

音声通話はデータを仕分ける機器で

通信(インターネットやSNSなど)データから分けられて

ルーターから交換器、そして別のルーターを通じて

通話相手のスマホや固定電話につながるということだが

今回のトラブルはルーターを交換した時に不具合が生じて

おととい朝7時に通信データのほうが「おおむね回復」した時に

音声通話のほうで一斉にアクセスが集中したことで

「つながったり切れたり」の状況が

きのうまで続いたということだった。

いやはや複雑な原因だ。

なんでもデジタル化が進んだ世の中に

「まさか」という事件だったし

あらためて「電話」というか「音声通話」のあり方を

考えさせられた一大事だった。

電話よりもSNSを使うことが多くなっても

電話で会話を交わすことが決してなくなったわけではないから。

ちなみに我が家は私だけがau

母と姉は別の会社、家長(父・80代)は

営業一筋の会社人生を送りながらも

とうとう携帯電話を持たないまま

認知症になった。

なぜ持たなかったのと聞かなかったのが

いまさらながら悔やんでいます。

リハビリテーション病院に入院していた時に

やたらに電話を掛けたがっていたと

看護師さんから自宅に何度も話があったことを

いまでも覚えている。

shiraike.hatenablog.com

www.asahi.com

 

auの携帯電話いまだにつながらず!

きのう午後8時過ぎ。

たのむぞたのむぞと願いながら

スマホau)の自宅への音声通話をアクセスした。

しかし、

「ツーツーツー」ですぐに切れた。

直ってない!

何度かけても同じ。

そこで最寄り(職場)の駅前の

公衆電話に駆け込んで

やっと自宅に連絡が出来た。

いくら電話は自分の家くらいの利用しかないといっても

この状態が3日間も続くのは一大事なのだ。

www.asahi.com

この記事では、全面復旧はきょうの夕方をめどにしていると

KDDIがきのうの夜のオンライン会見で明らかにしたそうだが

つながらない時は再起動してくださいだと。

こっちはバーコード決済のときにエラーがあって

その時に再起動したのだが(電話のあとのこと)

果たして今夜、帰宅時に電話がつながるだろうか?

やってみなければわからない、それがつらい!

shiraike.hatenablog.com

 

KDDI(au)の通信障害に参った参った!

2日のことだった。

auを含むKDDIに通信障害が起きているという

情報を受けたのは合唱の練習が始まる直前のことだった。

そのときは重く受け止めることはなかった。

しかし練習が終わっていざ自宅にメールをする時

つながらない!自宅近くの駅に着いても

同じだ。

電話をしても通じない。

これは大ごとだ。

自宅の中ならwi-hiでどうにかなるが

外ではお手上げだ。

きのうの日曜日(3日)も

買い物途中で自宅に電話してもつながらない。

昼間どころか夕方になっても同じで

やっと復旧が完了するという発表になっても

きょう、つまり朝になって平日の日常に戻っても

果たして電話やメールがつながるかは

やってみなければわからない。

記者会見では、

原因は音声通話のサービスを提供するための設備の故障だと言ってたそうだが

「全くダメ」ではなく

「ところどころでつながらない」だと

個人や企業への補償もどうなるかはわからないようだ。

さすがにわたしは財布の中に

以前から家の物入れにとっておいた

テレホンカードを移した。

これが使われることがないことを今は祈るしかない。

www.tokyo-np.co.jp

www.asahi.com

www.msn.com

合唱の練習と荻窪の「菜肉丼」

きのうは自由な風合唱団の練習に行ってきた。

以前は何度も通った

吉祥寺美術館の音楽室が会場だった。

コロナ禍で使えなかった時期が長くて、

もっと借りやすい場所もある(合唱団のメンバーの居住地の関係で)

ということもあって

ずいぶん久しぶりになった。

ここで唄うと音の響きにも何か良くなるような気がするから

私にとってのお気に入りだが

冷房や換気に気を付けなければならないのが

一番の悩みだ。

また終了後の後片づけや床のそうじ(クイックルワイパーで)も

忘れてはいけない。

どこの会場でもそうだが残すものは

感謝のみである。

この日も炎天下の猛暑だったため

昼食をどうしようかと悩んだ。

合唱の前なので「スタミナ」や「ニンニク」や

「激辛」はNGだからだ。

そこで選んだのはこれだ。

 

中華そばの「丸福」の左隣にある

「萬龍軒」の

「菜肉丼」なのだ。(税込み650円!)

 

肉野菜炒めを大盛りご飯に

ガッツリ乗せたどんぶりだが

醤油味のシンプルなタレなので

余計なくどさがなくて

しかもスープの量も多い。漬物もきゅうりとカクテキで

もの足りなさが全くない。

一見「個性がない」ようで

しっかりとした特徴がある仕事をしているのだ。

これをワシワシとかきこむと

少しづつ午後へのパワーチャージが出来る。

しかも野菜がたくさんとれるのが

ありがたい。

暑い中だからこそ、うまいものを見つけることが出来た。

こんなにありがたいことはない。

9月の合唱団コンサートの

本番前にもう一度行きたい店だ。

gyoza.love

jiyunakazenouta.blog.fc2.com

shiraike.hatenablog.com

銚子電気鉄道が経営黒字化に!

きのうのブログでは八街市での飲酒運転による

死傷事故から1年のことを取り上げたが

きょうはその八街から東のほうにある

銚子から明るいニュースを。

経営状態が「まずい」状態だった

あの「銚電」こと銚子電気鉄道

6年ぶりの経営黒字を達成したのだ!

(昨年4月3日の撮影したのを再録、以下同じ。)

www.nikkei.com

ぬれ煎餅などの副業収入が好調で微増にとどまった

運賃収入を大きくカバーして

2020年度の741万円の赤字から

21万円の黒字に転換させることが出来たのだそうだ。

tetsudo-ch.com

ことし1月は1編成が故障したことで減便を余儀なくされたこともあったが

車両の「古巣」である京王車両や伊予鉄道のありがたい支援で

復旧を早めさせたことがテレビで大きく取り上げられた。

そしてきゃりーぱみゅぱみゅとのコラボ企画を

やったことも大きいだろう。

www.kankokeizai.com

銚子電鉄は問題ガール」というコピーで

注目を集めさせたことは

副業どころか銚電まるごとが

ひとつの盛り上がりを見せてくれたのではないか。

目指すは「日本一のエンタメ列車」。

このわかりやすさがジワジワと知名度を高め

副業のおもしろさ(まずい棒・映画「電車を止めるな!」など)との

相乗効果を含めた「上向き」感が出てきたのではないかと思う。

これからも応援したい。

8月になったら乗りに行こうかな。

shiraike.hatenablog.com

shiraike.hatenablog.com

八街市の飲酒運転死傷事故から1年

全国的にニュースやワイドショーで報じられ

多くの話題を呼んだ千葉県八街市

通学途中の児童たちを襲った

飲酒運転による死傷事故が起きて

もう1年(6月28日)がたち、新聞がこの件に関する記事を出している。

www.asahi.com

ルール違反の運転を許してはいけないという

被害者家族のコメントはまさにその通りだ。

トラック運転手の飲酒運転は日常化されているという

噂までカゲで拡がっているらしいが

「たった一人の飲酒運転というルール違反が

 多くの人生を狂わせたことに憤りを禁じ得ない。

 二度と同じようなことが起きないよう、

 見守り活動、児童に対する安全教育を進め、

 児童にはルール違反のない社会を作っていこうと

 呼び掛けていきたい」と生徒が被害を受けた

市立朝陽小学校の多田勇司校長のコメントも

教育という面からではおおきな誓いと聴いた。

ただ、このような取り組みも無視できない。

www.asahi.com

「道路を整備しても、飲酒運転であれば被害を防ぐのは難しい」

同小学校の前PTA会長として

事故当時の取材対応にあたったこともある

浜詰大介さん(46歳)は

上の記事の取材に応じて

事故後の事実関係の調査や通学路の安全確保や

整備に関する要望、さらに市内の小中学校の通学路などに

交通安全ののぼり旗を設置したことなどを語った。

さらに事故現場に近い学校や地域が

重苦しい空気に包まれていることを受けとめ

「事故を風化させたくないが、

 『交通安全』と声高に言うと、

 地域の人が事故を思い出し足踏みしてしまう。

 バランスがすごく難しかった」とも語った。

飲酒運転は許せないという声が

当事者である運転手たちにこれが届くかというと

難しい面もある。(事故を起こしても言い訳や弁解をすることが多い!)

しかし訴えたときに忌まわしい、

悪い記憶だけが出てこないようにするには

これもまた難しいのだ。

「取り締まりの強化や厳罰化も抑止になるが、

 飲酒運転はダメだと時間をかけて声を上げ続けるしかない」

と浜詰さんは最後にこう答えた。

危険な通学路の改善や車を一定時間入れさせない

「スクールゾーン」の確保を大切だが

事故の記憶をいかに語り伝えて

飲酒運転の恐ろしさを考え直してもらうか。

これは八街市だけのことではないと思う。

夏が近づいて、児童たちもドライバーたちも

暑さに参ることが多いから

なおさらであると言いたい。

 

なお、下のブログ記事で書いた

事故が起きた道に歩道が出来たのかという件は

「事故後に(八街市が)ガードパイプや速度抑制を促すハンプなどを整備した」が

用地買収などで多額の費用がかかることなら

あの通学路に歩道が設置されたことはないままである。

shiraike.hatenablog.com

 

 

 

松戸市役所の「移転建て替え」要望書の中身がわかった!

きのうのブログでは

大塚けんじ松戸市議会議員のブログを参照して

おととい行われた

松戸市議会の「公共施設再編検討特別委員会」のことを

書いたのだが、

21日に市が国に提出した

法務省合同庁舎と同職員宿舎の跡地(以下新拠点と略)に関する

取得等要望書の中身が

委員会所属のメンバー(市議)にしかわからないので、

土地取得の経緯とその間の市と財務省側のやり取りと

その結論に至るまでの整理がまったくつかめないことに

突っ込みようがないと訴えた。

そしたらきのう

市長選に出馬して落選した

原ゆうじ前市議のブログに

その要望書が資料として

まるまる配布されていたことを公開したので

私にとっては仰天ものだった。

harayuji88.hatenablog.com

このブログでは要望書(資料として)と

平面計画図(案)が写真で公開していて

これによると

「市役所機能再編整備用地」として

法務合同庁舎と相模台公園に面する

874500㎡の土地のほうに

(林ばかりが目立つ高台)

既に「計画されている」ということになっていたのだった。

しかも市長選前の3月定例議会では

「最初は図書館建設などを含めた街づくり用地として購入したい」と

説明されていたにも関わらず

21日に提出されていた時は「移転建て替え」の候補地になっているのだから

 「予算の時には、図書館などを含めと言って、市役所移転ありきでは?の批判をかわしときながら、市長選が終わった瞬間、当然ように市役所移転のためとその土地の用途を決めてしまうのは、だまし討ちのように感じます。」

(上のブログからそのまま抜粋しました。)

と原ゆうじ氏が怒り狂う気持ちは十分理解できる。

そこできのうの私のブログをもう一度。

担当課長と市長と副市長は要望書を委員会に十分説明せずに

提出したことを謝罪した上で

議会の今後で議論の上で出した結論に

一応従うような答弁をしていたが

街づくり課の理事だけは

「否決になるものをわざわざ議案として出しません。

 十分に精査しまして、できるだけ早い時期に比較表を提示させていただきます。」

と、移転建て替え案(つまり要望書の中身にあった整備用地)が

議会でも通ることへの自信とやらをのぞかせていた。

大塚委員(市議)は

市のほうがきちんとした「現地」と「移転」の比較表を出してくれるなら

「ええじゃないか」と結論づけたが、

(文章からのイメージとして)

要望書のほうに市役所の移転に関する具体的な内容を書いてある以上、

すでに「移転建て替え」のほうで、

外堀を埋められたといっても

決してオーバーではないと私は思う。

さて、こうなった以上は

現地建て替えは市の比較表を出す前に

自分たちの意見こそが現実的な解決法として

市民全体に納得してもらえるかという議論を喚起させる必要がある。

市議会や市役所のなかで、やいのやいのと

「閉ざされた議論」で全てが決まることを

絶対に許してはいけないのである。

ちなみに大塚ブログでは

中川英孝委員(市議)が

「説明資料1で、

 『整理が必要な内容』について、

 庁舎整備検討委員会は①と②しか議論しないことになっているが、

 ③~⑥についても議論をするべきではないか。

 あと、新拠点ゾーンの土地だけはどうしても取得してほしいと要望します。」

と言ってたそうだが

果たしてその①と②とは「現地」と「移転」のことなのか?

すると③~⑥とはどういうことなのか?

一旦土地を取得しておいて、別のアイデアがあるというのか?

そういうところの説明責任とやらを

市役所だけに丸投げしてはいけませんよ!

大塚さんと中川さん!

shiraike.hatenablog.com