2022年の京王百貨店「元祖」駅弁大会

新年になり、お正月ムードが終わった頃に

始まる恒例の京王百貨店新宿店の

「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」。

ことしはコロナの感染対策として

4階と7階の大催事場に会場を分けて

さらに買った駅弁が食べられる「お休み処」が

無くなってしまった。

東京の感染者数が急速に増えたことで

警戒を強めるのは仕方がないが

それでも不自由さを感じる。

なにしろ休日の昼食がわりで

駅弁を買うし、すぐに帰宅するわけじゃないから。

でもこれについては後で考えるとして

7階に先に行くと

とにかく「牛肉・かに・牡蠣」と

海産物系(寿司など)が激しく攻め合って

選ぶのが大変。

あの森(函館本線)のいかめしが

3代目の開発した「いかめしde丼!!」を新たに売り出し

長い行列が出来ていた。

www.keionet.com

しかし、もう少し駅弁らしいのがいいなぁと思い

さらに会場を回り続けて買ったのが、

徳島の「阿波尾鶏トロッコ駅弁」。

www.jr-shikoku.co.jp

ボイルされた阿波尾鶏と二色そぼろやひじきや切り干し大根に煮物が

あって、珍しいきゅうりのピリ辛漬けが箸休めについていた。

さらにすだち100%果汁と

にんにく味のドレッシングがついていて

鶏やそぼろご飯に「味変」ができる面白さもあった。

そして食べ終えるとほどよい満腹感が。

牛肉じゃなくてもいいな駅弁は、というより

鶏めしこそが駅弁の王道というのが

証明したという感じだった。

f:id:shiraike:20220119230500j:plain

そして「輸送駅弁」の4階へ。

整理券なしですこし並んで入ることが出来たのはよかった。

ここでは鶏めしとは真逆なものをということで

浜坂(山陰本線)の「かに寿し」を。

f:id:shiraike:20220119230725j:plain

このかに寿しは昭和の頃から販売されている

オーソドックスな駅弁で

酢飯の上に、かに肉と魚のおぼろと錦糸卵、

そして色添えにグリーンピース

この取り合わせは駅弁でなければ見ることはできないが

いまでは希少価値になってしまった。

(添え物には奈良漬け、昆布佃煮、椎茸煮と紅ショウガ、

 これもオーソドックスだ。)

だから食べただけで列車に乗った気分にさせてくれる。

かにがたくさん入ったのを食べたければ

駅弁にこだわることはない。

いまや回転寿司でも食べられるのだから。

しかし包み紙を見て驚いた。

製造元は神戸の「淡路屋」だったからだ。

おそらく地元の「米田茶店」が苦境にあえいだからだと思うのだが

時代の変化とはこういうものかと思うしかなかった。

ちなみに淡路屋といえば

いまはなくなった「しゃぶしゃぶ弁当」を食べたことがあるが

いまや明石の「ひっぱりだこ飯」まで手掛けるまでになるとは

驚きだ。

www.awajiya.co.jp

この駅弁大会も

きょうが最終日。

まだの方はぜひどうぞ。

(ネットの予約は受付を終了したそうです。)

家族のおみやげは

伊勢の「あか福」を買いました。

あ、それから大阪の「玉出木村屋」は

大好評らしく入り口を別にして

出店をしてました。

パンといえども侮れないですね。

tabigo-media.net

阪神淡路大震災と語り部について

きのうの夜、この日の午前中に

NHK 総合テレビで放送された

かんさい熱視線」の録画を見て

ハッとしたことがあった。

それは震災の体験を伝える

語り部」のことだった。

www.nhk.jp

番組で追ったのは7歳の頃に

地震による家屋の倒壊で両親と死別した

45歳の学校職員の男性だった。

それ以来兄と姉が親代わりになったが

自分を置いて逝ってしまった

父と母を恨むこともあったという。

「会いたい、もっと遊びたかった。」

死も考えたこともあったが

大人になり、結婚して家庭を持ったときに

両親の無念さがわかってきたと。

そして職場からの要請で

生徒たちに被災の体験を語ることを決めたのだそうだ。

そこで神戸大と大阪府立大の調査データが出た。

なんと阪神淡路大震災語り部

半数以上が70歳代以上になったということ(55%)。

当時10歳以下だった現在の30歳代に至っては

わずか3%のみ(40代9%、50代12%、60代20%)で

このままいけば語り部の高齢化が進んで

震災の体験を次の世代に語り伝えることが

困難になってしまうことが予想される。

現に消防・警察など災害時に

現場に向き合う人材も、あのときの被災を知らない世代が

増えている。

「震災の記憶を風化させないために」

あのとき子どもだった自分たちが立ち上がろうとしているのだ。

kahoku.news

この上のHPは東日本大震災語り部に関する記事だが

東北の被災地でも、当時小学生だった被災者が

震災後まもなく語り部になったらマスコミが注目したことで

多くの注目を集めたことから

「これでいいのか」「自分のやっていることが正しいのか」と

苦悩したという例をドキュメンタリー番組で何度もみてきた。

番組の男性は語り部になったことで

兄とあの時のことについて初めて語り合ったことで

「両親は愛情を持って自分を育ててくれた」ことを

分かり合えた。この思いを含めて

生徒たちに話をすることが出来た。

「27年かかってやっと話をすることができた」。

そしていま、関西でも

10~20歳代の語り部のグループが活動を始めている。

1-17kibounokakehashi.amebaownd.com

「家に帰ったら誰かいますよね。

 帰れない子も電話したら

 親御さん電話に出てくれますよね。

 実はそれって当たり前じゃなくて

 僕はそれができませんでした。

 自分たち今離れて生活してますけれども

 目に見えないところで親御さん きょうだい

 みんなのこと思ってくれてます。

 その人たちに帰ったときに ひと言

 感謝の気持ちは伝えてほしいなと思います。」

この男性の職場では寮で生活する

学生が多く、だからこそ最後にこう語ったのだと。

震災の辛さとその後の苦しみ、

それを忘れられなくても

避けられなかった、触れられなかったことへの

胸のつっかえが取れたと。

これは映像や記録を見るだけではわからないことである。

だからこれからも

語り部と多くの人々が触れあう機会を

行政が下支えして増やしてほしい。

コロナ禍でやりづらくなっている現状なのだから。

語れるまでに費やした27年の歳月は

とても重く、貴重な時間なのだから。

sun-tv.co.jp

 

 

 

追悼 水島新司さん

ああ、この方も彼方の人となったのか。

漫画家の水島新司さんが10日に亡くなったという

webニュースを見た。

www.asahi.com

私は50代だが、ちょうと小学生時代に

週刊少年チャンピオンで「ドカベン」を連載中で

フジテレビでアニメ放送もやっていた頃だった。

親に付き合ってテレビでプロ野球中継を見ていた自分が

本当に野球の魅力を知ったのは

このドカベンだったのだ。

主人公の山田太郎は当時の私と体形がそっくりで

鈍足なのもそっくりだった。

しかしバッテリーを組んだエース里中智をうまくリードし

明訓高校野球部を春夏2回も甲子園で全国制覇に貢献したのだから

(後作品の「大甲子園」も含む)

野球ってこんな可能性もあるんだと強く感じて

さながら水島作品で「野球」に詳しくなって

のめり込んでいった感じだった。

あぶさん」だってそうだった。

酒飲みの野球選手なんてありえないと思ったら

代打屋として活躍して連載後半には

「球聖」と呼ばれるまでに。

なんと水島さんは「下戸」だったことを

連載終了後に告白したが

それがかえってフィクションながら

リアルな作品になったのではないだろうか。

ちなみに最後に読んだ新作も

ソフトバンクのコーチをやめたあぶさん景浦安武)が

大阪の高校の連合チームの練習に参加してアドバイスしたら

なんとそのチームが1回戦で勝ってしまうというストーリー。

野球狂の詩」では女性プロ野球選手を誕生させてしまったのも

ありえないだろうと言われていた(1980年代)が

いまや本当のことになったのだから

その先見性にも驚くが

いまから10年以上前に買った

「草野球列伝」(メディアファクトリー刊)では

なんと草野球の助っ人に駆り出された女の子が

打って守っての大活躍。

なぜかと思ったら

実は野球経験のある「男の子」だったという物語だった。

www.amazon.co.jp

野球の楽しさと素晴らしさを

たくさん届けてくれたことに

今はただ感謝を。合掌。

mainichi.jp

 

3度目のワクチンはあるはずなんだ!

ブースターと呼ばれる
3度目のワクチン接種のことについて。
昨年末から新年にかけて
職場から2度もワクチンに関するアンケートを
受けさせられた。
我が家は職場接種を希望するのは
私のみだが
果たしていつワクチンを打つことが出来るのか。
疑心暗鬼の心境だ。
shiraike.hatenablog.com
shiraike.hatenablog.com

まず高齢者と持病を持っている人が
優先とかいってたが
その動きがトロいまんま。
オミクロンは感染しても発症しにくいとかで侮ってかかったら
あっという間に感染者数が増大して
医療崩壊になるから
自宅療養へ弾力的措置をやってくれとか自治体側に言ってるが
ワクチンが思うように来ない状態を
どうにかしろよと言っても
岸田首相は主体的に
解決しようとしない。
それどころか厚労省に責任をなすりつけているから
とんでもないことだ。
news.nifty.com
コロナワクチンは
全国の自治体の高齢者向けに分配できるだけの量は
確保されている。
しかし、接種のための施設や医療従事者が不足していることから
先手どころか後手に回っているというわけだ。
そして沖縄では医療崩壊状態になっている。
www3.nhk.or.jp
最近のニュースでは
3月末までにワクチン接種にめどをつけるとしているが
私たちはそれまで
自己責任での感染対策につとめて
またまた「密」をさける行動様式をとらなければいけないが
経済面での影響を受けるのは必至だ。
www.tokyo-np.co.jp
「感染は止める。社会は止めない。」と
小池百合子都知事はそう言ってるが
今後の感染者数の増大(特に東京都などの大都市部)によっては
経済どころか
私たちの生活にかかわることにまで影響をもたらしかねない。
それを避けたければ
国内に余っているワクチンを早く配れと言いたい。
検査体制は全てではないが無料になりつつある。
あとは希望する人にワクチンを打つことが重要ではないのか。
まさか副反応が重大だから
国と都のトップが躊躇しているとは言わせない。
しかし、現実にはそう思われても仕方がないことを
為政者はやっているのだ。
www.asahi.com
www.tokyo-np.co.jp

京葉線の電車が武蔵野線を!

1月4日のことだった。
仕事がはや上がりになったので
帰宅するときの電車も
当然いつもより早い便になる。
すると19時55分の西船橋行き。
また事故かなんかが起きたのなと思ったら、
そうじゃない。
f:id:shiraike:20220115194738j:plain
しかし10両というのが気になった。
武蔵野線に乗り入れる電車は
途中駅のホームの長さの関係で
8両になっているからだ。
不思議に思いながら
ホームで待っていると
f:id:shiraike:20220115194821j:plain
入り込んだのは
京葉線専用の10両編成、
赤い帯の車輛だった。
これはラッキーなことだった。
なにしろこの編成が
西船橋に入ることは
あり得ないと思っていた。
でも南船橋方向から来る列車との利便性を考えたということか。
乗れたことと写真に撮れたのは
大きい。
そして仕事始めの日の
車内はやっぱり混んでいた。
f:id:shiraike:20220115194927j:plain
f:id:shiraike:20220115194958j:plain
ちなみに5日のはや上がりの時は、
もう一便早い
いつも通りの武蔵野線専用の
車輛に乗って帰宅しました。

パソコンの修理が終わりましたので
やっとこの書き込みを公開することができました。
takumick.com
travellifenews.jp

3度目のワクチン接種はいつ出来るんだ!

オミクロンの感染拡大が止まらないが
だったら自分たちに
ブースターという3回目のワクチン接種はどうなるのか?
どうやら自治体によって
本格的な開始の時期にズレが出てきた
ようだ。
私は2回も職場からワクチンに関するアンケートを受けてきたが
果たして首相が言ってた通りに
自身にワクチンが3月末に回ってくるのか?
極めて難しい状況だ。
供給が縮小を余儀なくされるなかで
内閣と地方自治体がその会場を立ち上げるのに医療関係者が不足しているからだと。
しかしそれは言い訳にならない。
オミクロンを侮って
再び「自粛地獄」に突き落とした
政府の責任は重大ではないのか?
オミクロンが大したことがないのなら
行動制限はいらないし
ワクチンを強要することは
出来ないはずだ。

とにかく私の世代(いま50代)のほとんどが
コロナウィルスにどう立ち向かえるかどうかが肝心なのだ。
そのためワクチン接種が
いつできるのか。
それを早く知りたいのだ。

ボルテスⅤ(ファイブ)とフィリピン大統領選挙と

きのうの東京新聞「視点 私はこう見る」を読んだらなつかしいアニメと主題歌が出てきた。
「たとえ嵐が吹こうともたとえ大波荒れるとも~」
私が子供の頃に土曜の夕方になると
よく見ていたテレビアニメ
「ボルテスⅤ(ファイブ)」だった。
5つのメカが合体して超電磁マシンロボットになって地球を破壊する悪と闘うストーリーだが
小野木昌弘論説委員によると
なんと日本で放映された同じ時期の
1978年にフィリピンでも放送されて
最高視聴率は38%もとったそうだ。
しかし翌79年の最終回直前に
放送が打ち切られた。
当時のマルコス大統領が
その内容に革命を連想させるからだということで。
それから7年後の86年に
市民の力による革命でマルコスは失脚。アキノ大統領誕生で
独裁国家だったフィリピンで民主化が進み、ボルテスⅤも最終回まで放映された。
「革命が起きたから放送された。」
「いや、放送するために革命が起きたんだ。」というジョークも広まったほどの人気で
さらに今年フィリピン制作で
実写版がリメークされ同国内で
放送されるというから
これは凄いことだ。
そしてフィリピンは今年大統領選挙で
なんとマスコミでも注目した
元プロボクサーのパッキャオ氏の他に
元大統領の長男フェルディナンド・マルコス上院議員も出馬を表明し
昨年秋の意識調査では
なんとマルコス氏がリードしている。
つまり、フィリピンは民主化よりも
強権主義的な政治を求める空気が
支配しているが
ボルテスⅤの人気は衰えない。
こんな皮肉はないということで
「マルコス時代は戒厳令(何度も出し続けた)ゆえに治安が良かった。」
という中高年の昔を懐かしむ声があるが、マルコス家には圧政や不正蓄財という印象しかないという悪印象しかないと意見もある。
果たしてどのような結果になるのかは
わからないが、争点ははっきりしている。あとは革命前にやっていた
大統領選挙のような混乱がないことに
ならないでほしい。
それにしても、超合金まで買ってもらったあのアニメが海を越えて
フィリピンまで大ヒットを飛ばしたとは感慨深い。
「地球の夜明けはもう近い~」で
主題歌は終わる。
この国にも夜明けがいつになるか、
まだ見えない。
でも、あきらめてはいけないのだ。