#横浜市教育委員会 が職員を動員して一般人の #裁判 傍聴を妨害した愚かさ( #横浜市 #横浜 #教師 #わいせつ罪 #DBS )

きのうの東京新聞1面でデカデカと、

いや他のテレビなどのメディアも取り上げていたこれ。

横浜市教育委員会(以下市教委と略)は21日、2019年度から今年4月にかけて

 横浜地裁(同、地裁)で公判があった教員によるわいせつ事件で、

 多数の職員を動員して法廷の傍聴席に行かせ、

 一般の人が傍聴できないようにしていたと発表した。」

www.tokyo-np.co.jp

なんでこんなバカなことを市教委がやったのかというと

「被害者の人権を守りたいから」と記者会見でそう言ってたと。

なぜこの事実が明らかにされたのかというと

東京新聞の記者が先月下旬に開かれた裁判の傍聴のために

法廷に向かうと、

「入り口にはスーツ姿の男女60人ほどの長い列ができていた。

 関係者によると、午前10時ごろには50人以上が並んでいたという。

 傍聴席は48席しかなく、

 この日の論告求刑の取材を断念せざるを得なかった。」

3月のときもそうだったと。

被害者(被告人)の名前は開廷表でも伏せられていたのに

おかしいと記者が公判後に

スーツ姿の一人の女性に傍聴のきっかけを聞いたら

「『誘われたので』『興味があるので』。

 ぶっきらぼうな短い返事が繰り返された。

 強い口調から、取材を受けたくないという意志を感じた。」

そこで4月の公判のあとに傍聴人のあとを追跡したら

市の南部学校教育事務所に入る姿を見た。

それで地裁への職員の出張記録や具体的な指示が分かる文書の開示を求めたら

今月15日になってやっと「期間内の開示決定が困難」と。

普通なら2週間以内に開示するかどうかの通知が来るはずだが

ずっと市教委は対応を巡って混乱状態だったと推察されるということだ。

www.tokyo-np.co.jp

しかし、全国津々浦々で教員によるわいせつ行為が摘発されて

あちこちで裁判が行われているというのに

横浜だけで市教委ぐるみで動員して

一般人の傍聴を阻止する行為は

かえって加害者(元校長)は市教委にとって

何らかの特別な関係があるのかと思ってしまうほど

異常だとしか思えないのだ。

私は何度か民事訴訟の傍聴をしたことがあり

中には希望者が殺到して抽選で外れたこともあるが

似たような人物が傍聴券を求めて列に並ぶなんてことは

一度もなかったのだ。

紀藤正樹弁護士は自身のX(旧ツイッター)で

「これ謝罪だけですまない。

 動員した職員の給与分を返還しないといけない。

 横浜市民の税金が

 違法な目的(一般市民の傍聴を妨害するため)に利用されたのですから。

 横浜市民はもっと怒って良いし

 横浜市長は給与分の返還させるのを決断すべき事態。

 謝罪や懲戒だけで済ませる事案ではない」と書き込んでいたが

私も同意だ。

傍聴も勤務扱いにして交通費も支給していたことも認めたからには

全部返上して、市長も責任を負うのが筋だろう。

裁判を傍聴する権利は誰にでもあるのだ。

それを行政が阻止しようとするのは前代未聞のことなんだから。

www.sankei.com

shiraike.hatenablog.com

あいかわらず夜間訓練が続く #陸上自衛隊 #習志野 パラシュート部隊( #台湾有事 #安全保障 #岸田内閣 #日米関係 #木更津 #オスプレイ )


f:id:shiraike:20240521220545j:image


f:id:shiraike:20240521220504j:image


5月17日のこと。

定時より45分間も残業して帰宅の途中で

夜になったのにもかかわらず

陸上自衛隊習志野駐屯地のパラシュート部隊が

訓練をやっていたのだ。

19時前のことである。

夕日を背に向けてパラシュート降下は画になるのだろうが

台湾では新しい総統が就任して

中国との対峙が注目されるなかで

岸田首相は日米はより強いパートナーシップを結ぶという約束を

国会の承認を得ずして勝手に決めてしまった。

この部隊が緊急時における有事行動の拡大が

夕闇迫る中での訓練や

朝の通勤通学時のヘリ飛行訓練につながっているのだ。


f:id:shiraike:20240521220657j:image


f:id:shiraike:20240521220742j:image

もっともいまは訓練だからまだいいだろう。

ほんとうにこの部隊が琉球弧にスクランブルとなったら

日本はもう終わりだということを

みんなで確認した上で

無意味な戦争をやめさせるために

いま何が必要かを考えるしかない。


f:id:shiraike:20240521220759j:image


f:id:shiraike:20240521220812j:image

16日には

オスプレイを巡り、安全なまちづくりを掲げる木更津市の市民団体が

木更津市役所を訪れ、昨年11月に屋久島沖で墜落し

搭乗員8人が死亡した事故などについて市側と意見を交わしたが

木更津市企画部は「オスプレイ運用部隊に飛行の安全を直接確認している」

とした上で、

「国内で死者が出た初の米軍オスプレイの事故で、

 安全性への懸念があることは承知している。

 今後の駐屯地に関する協議会部会で、基地周辺住民の懸念などを確認していく」と

鼎談のなかでそう言ったと。

オスプレイもパラシュート部隊も

いつも国民にとっては危険と背中合わせだということを

 

www.tokyo-np.co.jp

shiraike.hatenablog.com

#維新 の市長じゃない #大阪 #寝屋川市 の #いじめ 対策はスゴイぞ!( #NNNドキュメント #日テレ #FBS  #寝屋川 #危機管理室 #監察課 #教育委員会 #学校 )


f:id:shiraike:20240520222834j:image
これは凄いことだ。

おととい深夜に放送された

NNNドキュメント2024「いじめ、その時大人は」。

FBS福岡放送の制作だが、

「すぐやめさせる」ための行政側の新たなる試みとして

大阪市寝屋川市の危機管理監察課が紹介されていた。


f:id:shiraike:20240520222848j:image

教育委員会とは別組織で

独自のアプリ(もっと寝屋川)や電話などで保護者などからの通報を受け取ると


f:id:shiraike:20240520222913j:image

監察課の職員がすぐに対象となる学校長側と情報を共有し

学校へとスピード感ある対応で

昨年度67件に直接介入して

「全て1か月以内に停止」されたという実績をあげているというのだ。

また学校や教育委員会がどうしても躊躇しがちな

加害者(生徒)に直接指導することもできる。

さらに監察課は月に1回、市内の小中学校に

いじめ通報のチラシを作って配布することで

自らの存在といじめに関する関心を高めるための活動もやっている。


f:id:shiraike:20240520222932j:image


f:id:shiraike:20240520222944j:image

いじめられている当事者と家族にとっては

頼れる存在になっているというわけだ。

「99%のいじめは教育的アプローチと呼ぶ

 学校現場での対応で解決がついています。

 ただしこれにはデメリットとして

 時間がかかっているケースがあり得るということです。

 そこで、我々は1%の深刻化したり

 長期化したりするいじめに対して

 子どもの人権問題として捉えて

 いじめの即刻停止を目的として

 行政的アプローチというのを行う。」


f:id:shiraike:20240520222959j:image

広瀬慶輔市長は監察課を設けた理由を

このように番組の取材で語っている。

じつは私が住んでいる千葉県松戸市でも

4月から教育委員会ではない

市長部局の行政経営課にいじめ相談窓口を設置して

深刻なのについては弁護士の助言を得ながら

心のケアやサポートをするとホームページにあったが

寝屋川のように行政が直接動くとは、

多少の違いがあるのは仕方がないということか。

前述の広瀬市長は昨年の選挙で

おおさか維新の会(維新)の公認新人を破って2選を果たしたそうだが

行財政改革を推進する一方で

監察課の設置や図書館の新設を実現し

中学校給食の無償化を新たな公約に据え

駅頭やX(旧ツイッター)での積極的な情報発信を

選挙以外でやってきたというから

まさに落ち目の維新に付け入るスキを与えていない。

しかし、寝屋川の監察課のようなやり方はいいことだと思う。

できれば地元も、もっといじめ停止のために

バージョンアップしてほしいと思うのだが…。

www.city.neyagawa.osaka.jp

mainichi.jp

www.asahi.com

 

www.city.matsudo.chiba.jp

 

#信号 の新旧交代を見た日( #博士ちゃん #テレ朝 #松戸市 #松戸新田 )

最近、信号がこれまでも灯機ランプ式から

LED方式の新しいのに続々と変わっていると

テレビ朝日の「サンドウィッチマン芦田愛菜の博士ちゃん」などで

知っていた。

実際に出勤や帰宅、そして外出したときに

注意して見ると

どんどん新しい信号に替えられているのが

よくわかった。

もっと早く気が付いていれば

博士ちゃんのように写真に収めることができたかなと思っていたら

18日に「憲法を歌う」のあとで家に帰る途中に

新しい信号と交換される古い信号が

並び立っているのをパチリと。


f:id:shiraike:20240520010249j:image

「工事中」の札がついていたので

週明けにも古いのが撤去されるのだろう。

これも貴重なことだ。

ちなみに昨日は私の誕生日。

自分の替えはないから、せめて頭の中だけでも

常にバージョンアップしなければと思いますが

なかなかうまくいかないもので。

でも、幕張新都心にある

丸じゃない信号機は写真とらなきゃ!

kinto-jp.com

www.tv-asahi.co.jp

2024年の #憲法 を歌おう とその前後のこと( #日本国憲法 #大日本帝国憲法 #詔勅 #台湾 #台湾人 #在日朝鮮人 #在日韓国人 #在日コリアン #密航 #密入国 #勅語 #教育勅語 #人身事故 #中央線 )


f:id:shiraike:20240518205640j:image


f:id:shiraike:20240518205654j:image

18日、自由な風の歌合唱団のメンバーが中心になって

憲法を歌おう」というワークショップが行われ

私も参加した。

林光(はやし・ひかる)先生の作曲による

日本国憲法前文と9条の歌をみんなで唄って

憲法の理解を深めることを目的とするのだが


f:id:shiraike:20240518205708j:image

(実行委員の池田幹子さんのあいさつ。)

まずみんなで唄ったのは

「こぎつねコンコンやまのなか~」で始まる

こぎつねの歌だった。

下のHP記事の貼り付けで見てくればわかるが

林先生の歌はこぎつねだけでなく

組曲ロミオとジュリエット」(プロコフィエフ作)などが

アレンジされているようなメロディーがあると池田さん。

それは憲法のあり方について

ただ守れをいうのではなく、

「そもそも、その精神が、というよりその条文が、

 完全に実行されたこともなければ、そこに含まれる

 あいまいで不可解な部分について検証もされたこともないとして、

 読み直してみようというプランだった。」

晶文社刊「林光 歌の学校」より・当日もらったプリントより抜粋。)

そして特に強調しているのは

「この憲法は、かかる原理に基づくものである。

 われらは、これに反する一切の憲法、法令、詔勅を排除する。」

実際に私は詔勅のところで「詔勅~」と叫ぶパートを

担当しているが、

実はいまの憲法が施行される前日(1947年5月2日)に

大日本帝国憲法最後の勅令があった。

それは当時の日本政府が「日本人」として扱われていた

朝鮮人・台湾人を「外国人」とみなすとしたもので

サンフランシスコ平和条約発効後に外国人登録法が出来たことで

敗戦直後に解放されたはずの人々が「日本」から放り出された状態になり

GHQ(連合国軍総司令部)からも

日本人以下の扱いを受けていた事実を

最近読んだ「密航のち洗濯 ときどき作家」

(宋恵媛・望月優大共著・柏書房刊)で

初めて知った。

おそらく林先生はもっと早くから知っていて

これは憲法14条に違反するのではと考えていたのではないかと

いう解説もあった。

さらに9条の歌はベートーベンの第9交響曲の影響があったことや

シラーの「自由賛歌」(Ode An die Freiheit )も参考にしたのではと。

クラシック音楽に詳しくない私はここまでしか書けないが

憲法が好き勝手に解釈され

その精神まで踏みにじられる昨今だからこそ

憲法にかけた林光の仕事をもっと知ってもらいたいが

やっぱりそうするには歌い続けるしかないということだ。

この日は約30人参加し

9月16日に行われる自由な風の歌コンサートの参加者を

募集するPRも。(締め切りは26日です!)


f:id:shiraike:20240518205740j:image

開始2時間前には三鷹駅の人身事故で

中央線快速・各駅停車が一時運転見合わせにあるなども

トラブルもあったが

何も支障がなくてホッと一息。


f:id:shiraike:20240518205753j:image

(夕方になっても列車の遅れと行き先の

 変更があった。)

来週も26日に吉祥寺で実行委員会と練習がある。

25日には「はるかぜ」の練習、こちらはクライマックス。

ノドの調子には気を付けなければならない。

shiraike.hatenablog.com

shiraike.hatenablog.com

#参政党 は #デジタル円 で #日本 を「対立」と「分断」へ導く危険性( #アベノミクス #金融 #日銀 #国債 #財政 #定額減税 )


f:id:shiraike:20240516050848j:image
15日の帰宅の時、八千代台駅

なにやら演説めいた声が聞こえた。

耳を頼りに探してみると、東口の出入口近くで

参政党の候補予定者らしき人物が本当に演説をしていて

党のスタッフらしき人間が動画(ライブ配信だかは知らないが)を

撮っているのが見えた。

その内容は景気回復と財政改革のために

政府がデジタル円、それも

サービスを提供する側から必要な情報を積極的に知らせて

使ってもらう仕組みを作りますという内容だった。

それ以外は既存の経済アナリストや財務省のことを

クソみそにけなしていてばかりで

印象に残ったのはこれだけだった。

そこで政策カタログとか言ってる

「参の柱」を帰宅後にしらべてみたら

デジタル円の積極活用を促すために

プッシュ型の各種行政サービスを結び付けて

「日本国民の利便性と各種政策の実効性を格段に向上」させるというが

私には「はぁ?」といった感じだった。

いま、行政のデジタル化といえば

マイナンバーカードが欠陥品であることで

マイナ保険証の利用率がひとケタに陥っていることが

重大問題であるにもかかわらず

今年12月に紙の保険証を廃止させると政府が言ってるのだ。

そして自民党の裏金キックバック問題に絡んで

政治活動に関する報告書をデジタル化させて

すべての国民に情報開示させるべきという声が高まっている。

はっきり言って主張そのものがピント外れなのだ。

参の柱では

インフレ目標2%に実質成長率2%を加えた

名目成長率4%経済を実現させると言ってるが

そのために、日本人の特性と強さに適合した

コミュニティ型生産環境と

社会的課題解決が生む成長フロンティアの創造で実現させるということだが

インボイス制導入の即時撤回」は

すでに導入されているからほんとうは「廃止」が正しいし

消費税については、固定費(人件費)にも課税することで

改革すべしだといってるし

「働くな改革」へと堕している「働き方改革」を改革するために

自由裁量によって創意工夫に専念できる日本型の職場環境を取り戻すとか言ってるし

裁量労働制は国民の大多数が反対しているし!)

まったく支離滅裂極まる経済政策しか提示していないのだ。

だから「デジタル円(それも日銀ではなく政府発行)導入」を

強調するしかウリがないというわけだ。

参政党ですらもアベノミクスでさんざんやってきた

日銀による国債の大量買い上げを「止めさせろ」とは言えなかった。

いま止めれば国債の価値が下落し

政府自体の財政バランスシートが急激に悪化することが

わかっているからだろう。

しかし政府発行デジタル円を導入して

トークンエコノミーという新しい経済圏を国内で作ることは

新たな「対立」と「分断」を呼び起こすことに他ならない。

なけなしの財産をデジタルに替えられない国民たちは

価値が紙切れ同然になった「紙のお金」を

さらに緊縮財政のごとく動かさざるを得ないのだ。

この日本における行政や経済のデジタル化の根本を

見直して日本円の価値を再び上げていく政策こそを

最優先にしなければいけないのに

それをないがしろにする参政党は

ポンコツをDIYするだけの政党といえる。

衆議院東京15区補欠選挙の大敗はそれを物語るということだ。

そしてこんな政党もどきの跳梁跋扈を許さないためにも

野党各党は自民のデタラメに対抗できる

実のある経済回復政策をもっと訴えてほしい。


f:id:shiraike:20240516050915j:image

(最後の2番目に立憲民主党の中谷一馬のデジタル円導入で

 当時の黒田東彦日銀総裁衆議院予算委員会で問いただした件に

 ついて書かれた記事を貼り付けました。

 上の写真は15日に職場から届いた定額減税に関する連絡より。)

www.sanseito.jp

seijiyama.jp

叔父の病院に付き合って・後編( #整形外科 #形成外科 #脊髄 #頸椎 #手術 #頚椎症性脊髄症  )


f:id:shiraike:20240516180452j:image
きのうのつづき。

16日に再び叔父の再診に付き合った。

CTのみの検査だが

予約時間通りに呼ばれたのが良かった。

待たされることがストレスと疲れにつながるからだ。

(叔父は病院の中に限り車椅子で移動。)

そのあとの診察では

手術の方法と執刀医の変更に関する説明が。

24日の予定だが診てもらった先生の都合で

他の先生に替わる、でも自分よりバリバリできる

女性のお医者さんだと。

そこで、その先生と診てもらった主治医の先生とで

お話が出来る日に入院できるようにしてもらった。

手術前日から前々日の変更になったことで

叔父も心の余裕が出来たのが良かったと喜んだ。

手術の方法は「頸椎椎弓形成術」という

40年前に生み出されたもので

症例も多いとのこと。

ただし合併症や感染症、さらに麻酔や

C5麻痺(バンザイや力こぶなどができない)などの

リスクも「稀にある」ことも説明された。

先生曰く「黙ってオレについてこい」じゃなく

このようなことも手術の前にキチンと説明することで

最終的に患者様に決めてもらう形をとっているのだと。

しかし私たちは、これ以上悪くならないための手術であり

目標はいまある状態の「現状維持」だと

しっかり説明してもらったので

みんな不安はないと意思表示。


f:id:shiraike:20240516180511j:image

あとは手術の日を待つだけだ。


f:id:shiraike:20240516180525j:image

(叔父の家の金魚たち、親戚みんなで入院中は世話をする予定だ。)

shiraike.hatenablog.com

medicalnote.jp