新聞うずみ火沖縄ツアー(3)

(承前)22日の恩納村博物館は慰霊の日企画展

恩納村に近づく戦争の足音」を開催中だった。

その展示ブースに足を運ぶと、まず最初に見たのは、

恩名村に今でも残る戦の跡だった。

f:id:shiraike:20190625231057j:plain

1945年(昭和20年)3月26日に

慶良間諸島から上陸したアメリカ軍は、4月には本島の読谷・北谷の海岸に

上陸し恩名村から宜野座村(当時は旧金武・久志村)には

2日~6日の間に侵攻。そして北部(やんばる)方面へは

7日に名護、そして北端の辺戸岬には13日までに到達している。

展示写真では石川岳の蛸壺跡、喜瀬武原(きせんばる)の御待毛(うまちもう)

に残る銃弾痕(住民と日本軍兵士がここにこもっていた)。

そして写真では残さなかったが、ギナン原のトーチカ跡の展示もあった。

そして左下にある赤橋(南恩納)の跡。

橋が破壊されたままの姿で今でも遺っているが

その行動を起こしたのが少年兵・護郷隊(ごぎょうたい)である。

f:id:shiraike:20190625233947j:plain

1944年9月から翌年3月まで約1000名の少年(当時15~19歳)

が召集され、山の奥深くからのゲリラ戦を仕掛けるために結成された部隊のことで、

「護郷隊が作られたころ、兵士が命と引換えに突撃する『特攻』を行うほど、

 日本は完全に追い詰められた状態でした。そんな中、

 いずれはじまる本土決戦にむけて、時間稼ぎをするための

 持久戦を課されたのが沖縄でつくられた護郷隊でした。」

「1944年8月29日、陸軍大臣が遊撃戦(ゲリラ戦)を行う

 部隊編成の命令を出しました。(『遊撃隊臨時編成要領細則』)

 そこには隊員は「少壮」(若くて元気一杯なこと)で

 「積極果敢なる者」で、さらに「徴兵終決処分未了」

 (徴兵検査以前の年齢の者)にするように命令が

 出されていました。(後略)」(いずれも展示の説明から)

陸軍中野学校出身の岩波壽大隊長の下で

国頭・大宜味・東村から召集された388人の少年たちは

第二護郷隊として編成に組み込まれ、

軍隊と同じ訓練を行い、当初は生まれ育った場所で

地の利を生かしたゲリラ戦を優位に進める配置を予定していたが、

沖縄にいた第9師団が台湾に移動したため、

名護市の旧羽地村にあった多野岳一帯に配備され、

1945年1月には読谷の北飛行場と

嘉手納町の中飛行場、そして恩名岳を守るために

その山岳地帯に陣地をつくり、ゲリラ戦を行う準備を進める

準備を進めたが、

少年兵にとっては土地勘の薄い場所での戦いを余儀なくされ、

恩名岳で米軍の包囲網に追い詰められ、前述の喜瀬武原へと

脱出そして撤退することになる。

「恩名近くの山奥には避難民、友軍の敗残兵、

 護郷隊の少年兵、朝鮮娘等、大勢集まって

 ごった返していました。

 山道には体力のない人、老人などが

 精も根も尽き果てて飢え死にし、

 また死の寸前で息も絶え絶えに、食べ物や水を

 恵んでくれるよう嘆願している姿もいっぱい

 見受けました。(女性・19歳)

 『那覇市史資料編第2巻中の6』」(展示資料より)

第2護郷隊は米軍の侵攻を食い止めるため

恩名や金武の橋を破壊してきたが、米軍はブルドーザーで

橋の両側を埋めてすぐに車を通した。

また山中にライトをいっぱいつけてテントをはっていた

米軍に機関銃を撃ったあとに引き揚げた先で

照明弾があがり反撃弾を撃たれたことや

銃撃のみならず迫撃砲などの連続攻撃が続いたことで

もはやゲリラ戦どころではない状況だったと。

当時の証言がそれを伝えている。

そして映画「沖縄スパイ戦史」でも証言していた

人々もやんばるの沖縄戦を語り伝えるために

語り、様々な形で遺そうとしている人たちがいた。

(つづく)

www.onna-culture.jp

spy-senshi.com

 

 

 

 

 

新聞うずみ火沖縄ツアー(2)

2019年新聞うずみ火沖縄ツアーの2日目。

22日はジュンク堂書店那覇店前から出発。

この日は参加者全員参加で25名以上が

マイクロバスに乗り込んだ。

f:id:shiraike:20190625043950j:plain

お世話になったカリー観光のバス

まず向かったのは恩名村博物館。

予定より少し早く着いたため9時の開館時間まで外で待つが

雨が少し気になる。時間になり中に入ると

戦争に関する展示を見つけてじっくりと。

f:id:shiraike:20190625044601j:plain

伊江島飛行場建設の徴用についての展示。

1944年5~8月まで多くの沖縄県民が動員されその数は37840人。

恩納村からも1198人。建設にあたった第50飛行場大隊の記録では

5月8日  186名

5月18日 178名

5月28日 187名

6月27日 139名

7月7日  94名

7月27日 93名

8月6日  88名

8月16日 75名

8月26日 73名 と書かれてあった。

建設された滑走路は沖縄戦で使われることがなく、

1945年に破壊命令が出され放棄されることになったが

今では米軍の飛行場がこの島に存在する。

「昭和19年3月、恩名国民学校を卒業した。

 その頃、伊江島では飛行場建設が進められていた。

 建設工事には多くの人々が徴用されて働いていた。

 村内外からも婦女子が動員されていた。

 私も徴用令をうけて建設工事に従事した。

 同級生や村内の人々も一緒に徴用された。

 15日から20日間の交替で延回数は10回程でだった。

 滑走路建設が主な仕事だった。現場には運搬用トラック1台と

 ローラーがあるだけで、あとは荷馬車と人力による作業であった。

 10月10日、午前8時頃、突然飛来した米軍艦載機による

 空襲を受けた。建設中の滑走路や飯場に爆弾が投下され、

 機銃掃射を受けて大きな被害を出した。私達は、

 危うく難を逃れ、命びろいした。

 その日は多くの徴用人夫男女は千人豪で一夜を明かした。

 (太田 津波古守喜)」

過酷な作業、そして突然の空襲は地獄を見た思いだろう。

まして国民学校卒業ではまだ13歳前後というわけだから

大人も子供もなく働かされたことになる。

戦争が生んだ理不尽さを新たに見た思いだったが、

ここはまだロビーで、このあとに別の展示室で開催されていた

慰霊の日企画展「恩納村に近づく戦争の足音」

でさらに学びの場を深めることになった。

(つづく)

f:id:shiraike:20190625053351j:plain

恩納村博物館のエントランス サバ二も展示されていた

www.tokyo-np.co.jp

www.onna-culture.jp

 

 

 

 

 

 

 

新聞うずみ火沖縄ツアー(1)

雨にたたられるのでは、そう思った。

6月21日から23日まで。新聞うずみ火の

「沖縄慰霊の集い」を兼ねた旅行の日程は

いつも晴の天気だが事前の天気予報は沖縄は悪天候だと。

覚悟を決めて、21日は羽田空港を6時20分の便で出発。

すると那覇空港では雨が止んでわずかに

日が差してきた。これは幸運だった。

f:id:shiraike:20190624191801j:plain

空港から外へ出るとさすがに蒸し暑い。

ゆいレール沖縄都市モノレール)で終点の首里駅まで行き、

少々道に迷いながらも「儀保まんじゅう」へ。

地元でなければ手に入らない、赤い「の」の字が書いてある

まんじゅうを差し入れにしたからだった。

家族にもクール宅急便で発送を頼む。

さすがに発送料は8個入りで1600円は高かったが

やむを得ない。差し入れ分は6個で900円。

そして空港へとんぼ返り。この日は6時に行われる

講演会までフリータイムのため、空いてる時間を利用して

同じ読者のNさんの

知り合いに会いに行くことを約束したからだった。

昼食は別の読者の方と「空港食堂」で

フーチャンプル定食を。600円、もともと空港関係者の

ための店だけあって安くてうまい。でも今では

乗ったJALの機内で配られたクーポン誌でも

おすすめの店で紹介されるようになった。

食べ終えてNさんと合流。すぐにタクシーを拾って

目指すは今帰仁村。運転手さんは75歳のおじいだが

「仕事を続けるために終わったら1時間ほど歩くんですよ。

 あと懸垂10回以上。こうやって体をのばすんですよ。」

亡くなったご両親の土地を相続したときに税金が800万も

かかり、新築する予定がリフォームに変更したが

それでも230万をさらにつぎ込まざるを得なかったという。

だからこれからも働き続けますよと。

免許の自主返納など一切関係なしというわけだ。

「2・3日前のことは忘れていても返還から6年かかった

 (本土と同じ)人は右、車は左に変わった瞬間を今でも

 覚えていますよ。あのときは(1978年7月30日)

 今でも覚えていますよ。雨で土砂降りの日だった。

 道路標識も替えなければいけないし、

 いままでマイルの単位だったのをメートルに変えなければ

 いけないでしょ。」

 ここにも知られざる沖縄の歴史があった。

 今帰仁にあるMさんの家は風通しがよく

 扇風機でも涼しく、理想の住まいそのものだった。

f:id:shiraike:20190624194600j:plain

Mさんの家は小道を降りた左にある

MさんはNさんのご亭主の知り合いのことだが、初対面とあって

これまでのお付き合いのこと、そして自己紹介から様々な話に

発展した。私の母校が國學院大學であることから

神道の話になって「神話と天皇は科学的に説明できないところが

ありますね」と。確かにそれを日本人が認めているところがある、

そう言ったら「そこに考えが及ばないとはおかしいですね。」

また、自分の仕事について詳しく話をしたところ

「そこから始めてみたら良いのです。」つまり

あるがままを認めるより、思慮をここから初めて見たら

良いのだと。疑問を持ったり矛盾を感じたりすることは

不自然ではないから考えて自分の出来ることから

やってみたら良いのだと。堅苦しくなく

自分の心にスッポリとはまる話だった。

また、風水のことまで話が発展して

「あれは遊びの要素がありますね。ちょっとこれをみてください。」

ふと見てみると易の八卦が描かれた立て札のようなものがあった。

「乾=天、坤=地、震=雷、巽=風、坎=水、離=火、艮=山、兌=沢」

を意味した小さい文字も書かれていて、

「これだって遊びなんですよ」。

占いもそこから始まったものというわけだ。

それでもその近くにあった本棚には

沖縄に関する歴史書ルポルタージュから中国語の辞典や

朝鮮語日本語教育の本、そして沖縄県史なども。

まさに理想だなと思っていたら

認知症予防のためにパソコンを動かしているようなもの。

 でもUSBは(記憶容量が)すごいですね。」

もっとも私は会話よりもMさんご夫婦によるご馳走に舌鼓を打つばかりだった。

f:id:shiraike:20190624200214j:plain

新鮮なやぎ刺し。独特のにおいはなく味わいが十分。

f:id:shiraike:20190624200504j:plain

Mさんの奥様による手料理が最後に。

さらにお酒も。オリオンビールの他にこの逸品を。

f:id:shiraike:20190624200802j:plain

44度の泡盛だった。

度数が強いからストレートで飲むと

舌先から蒸発する感じがしたが、まろやかな味と香りには

ただすばらしさを。全く飲めないNさんも

瓶から香りをかいだら「きついアルコール臭がない、いい香りだ。」

と。まるで食レポみたいになったがただただ感謝ばかり。

仕事の忙しさや時間に追われる日々を忘れる

ゆったりな時間を過ごさせてもらった。

もっとも参加予定の講演会をキャンセルして

那覇に戻ったのは夜10時過ぎ。宿にチェックインして

近くの天然温泉「りっかりっか湯」に入り、戻った後も

あの泡盛の余韻に酔いしれて他の酒を飲む気になれず

そのまま就寝。まあ勢いにまかせて飲んでいたら

まともに戻れなかっただろうが。

「今度行く時はMさん家に泊まる覚悟でね。」

朝まで話をしまくって。確かにそれがいいなと感じた

旅の贅沢だった。Mさんは元公務員で定年となり

悠々自適の身だそうだが、なにか哲学者の

雰囲気がある人だった。(この項つづく)

ima.goo.ne.jp

www.youtube.com

6月16日 川崎にて

先週日曜日の16日、久しぶりに川崎に行った。

といってもJRの川崎駅周辺ではなく、

まず溝の口駅から送迎バスに乗って

KSP(かながわサイエンスパーク)の中のホテルで

行われた伊勢さつきさんの出版記念パーティーへ。

f:id:shiraike:20190618001708j:plain

(写真小さな花束を持っている女性が伊勢さつきさん。前を歩く2人のちびっ子は

 ひ孫さん達!)

伊勢さんとの出会いは2016年末の「新聞うずみ火」東京忘年会で

ご一緒してお話を聞いたことをきっかけで

東京横浜大空襲などの口演を記録したブックレットをいただき

年賀状などで近況を伝えるなどして、今回の招待状をいただいたのだった。

83歳とは思えぬエネルギッシュな活躍で

朗読会や執筆や日本作家クラブなどの同人活動など

マルチな活動を繰り広げているのだから

ただ驚くばかりだ。(若い世代代表で私もスピーチの場に立ったけど)

この日は地元かながわの民話と「唐人お吉」の口演を

なんと休憩なしで40分、しかもマイクなしでも実に

声は明瞭かつ情景描写が豊かな語り口で演じきったから

もう拍手しかない。こちらも元気をいただいた。

3冊目となる新刊「ウグイス嬢の波乱万丈人生物語」

これからじっくり読ませていただきます。

f:id:shiraike:20190618003513j:plain

この後、パーティーに届いた花束をいただいて南武線に乗り

登戸へ。5月28日におきた児童殺傷事件の現場に行く。

花束を捧げて手を合わせる。歩道は狭くとても逃げられる

スペースが少ない。なにげない路地で突如恐怖が襲いかかった

この一件はもはやニュースやワイドショーでも取り上げなくなった。

しかし「引きこもり」の誤解や偏見は広がるばかりで

解決へ向けて社会が大きく動く気配がない。

もう少し、普通に生きていることが

どんなに奇跡的でかつ恐怖と狂気が背中合わせにあることを

考えてくれないだろうか。誰だって

自分より弱い人間を襲うことなどありえないはずだ。

それに向かわせる本当の原因とは何かということを

もっと見つめなければいけない。

この事件だって今の乱れきった社会への大きなSOSだと

私はそう思えてならないのだ。

shiraike.hatenablog.com

 

 

映画「主戦場」提訴は歴史修正主義者の敗北行為だ

映画「主戦場」が公開され、観客が多く詰めかけている。

いつか見てみたいと思っていたら、

歴史修正主義者」の藤岡信勝・ケントギルバート氏ら

5人がミキ・デザキ監督と配給会社「東風」

に上映中止と損害賠償1300万円を求める訴え

を起こしたと19日に報道された。

実に馬鹿馬鹿しい。デザキ監督には卒論で作ったから

映画で公開されるとは聞いてないというが

実際には大学側がぜひ公開すべきと言ったのは

事実だから訴えるべき相手は大学ではないのか。

しかし、これをやれば当然ながら

憲法第19条(思想及び良心の自由)に抵触する。

だから監督は私たちにウソをついて映画を公開させた

とでっち上げようとしたというわけだ。

それに映画公開ではなく観客増で大きな反響を受けてから

裁判を起こしたこと自体が

自らの言動がまさにフェイクニュースによって

生まれたことを認めるようなものだ。

まさに歴史修正主義は敗北した。

そういうことだ。

いっそのこと映画の中の全発言を撤回して

もう一度デザキ監督に作り直しを

頼んだみたほうがいいのではないか。

もちろん費用は自分たちで出せばよい。

著名な学者・文化人を気取っているのなら

そのほうが賢明なやり方だと思うのだが。

www.asahi.com

lite-ra.com

 

前川喜平さんとツイッター

前川喜平さんもツイッターをやっているとは知らなかった。

6月11日に、アカウントを再設定して


「その他 思うところあり、本日から本名を記し、公開ツイートにしました。」

いままで非公開でやっていたわけだが、

最初は「なりすまし」でウソのツイートではないかと訝しげに

見ていたが、しだいにこれは本物だと思えるようになった。

「(アイドルグループの)制服向上委員会が

 「不登校」に代わる言葉を募集してるそうだ。

 僕も考えてみた。「学校ミスマッチ」「包摂失敗学校」

 「学習環境不整合」なんかどうかな?もうちょっと考えてみよう。」

(10日のツイート)

これについては8日の茨城・牛久で聞いた講演でネタにしていた。

その時も「うまく思いつきませんね」と。


「義家(弘介)文科政務官竹富町

 『(公民教科書に)育鵬社の教科書を使え』と迫ったと。

 ヤクザの言いがかりに等しい蛮行だ。負けるな小さな竹富町!」

(再掲2013年3月1日のツイート・11日)

以前書いたブログで確かめてみると、

この頃は、初等中等教育局長で竹富町が独自で石垣市与那国町とは

違う東京書籍の教科書を採用すると決めたために、

沖縄・八重山地区における教科書使用の「郡単位の縛り」をどうするか

について、「面従腹背し、上意権力に従いつつも

その目指す方向と異なる形で決着させた」時だった。

もしも公開・実名でツイートしていたら、

竹富町の願いをかなえる前に前川さんは

安倍政権にぶっ潰されていただろう。

 

「がんばれ竹富町!負けるな慶田盛教育長!」

(再掲2013年3月3日のツイート・11日)

このツイートを行った日には、さらに

ネット右翼諸君、

 君たちは未だ個人の尊厳に目覚めていない前近代人だ。

 世界に一人、宇宙に独りの個たる自己のかけがえのない価値を知らない。

 何物にも依存しない自分というものを信じることができない弱い人間だ。」

と書きこんでいる。

以前雑誌のインタビューに

ネトウヨは教育の失敗。」

と語った前川さんだが、この問題が社会現象になったことを

憂慮しながらも自らの立場ではどうすることもできない

もどかしさも感じていたのではないだろうか。


「高校無償化制度から朝鮮高校生を排除。

 拉致問題や核実験を理由に?生徒には関係ない!

 江戸の仇を長崎どころか火星で討つようなもの。

 露骨な民族差別だ。情けない。」

(再掲2013年2月22日のツイート・11日)

朝鮮学校無償化をめぐる問題も

排除するのはおかしいと言えなかったあの頃の

ことも告白している。

ちなみに義務教育機会確保法で議員立法を提案した、

中心メンバーの馳浩氏は文科相時代に2016年3月29日付で、

朝鮮学校補助金を交付している地方自治体に対し

朝鮮学校の特性を考慮し、補助金の趣旨・目的に沿った適正な執行をお願いする」

との通知を出して、事実上「交付の停止」を迫り

その結果全ての自治体がそれに従う形をとってしまった。

www.facebook.com

まさに「面従腹背」で、

一部の政策で考え方が違っていても、自らの目指す方向で、

公立の夜間中学開設推進への動きを加速させていったことが

よくわかる。

前川さんのような優れた官僚をゴミ箱に捨てた、

安倍政権の行く末を私たちは厳しく監視しなければならない。

私も日本の「右傾化を深く憂慮する一市民」だから。

bunshun.jp

www.tokyo-np.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京五輪抽選の結果

20日未明から東京五輪チケット申し込みの

抽選の結果が発表されるということで

ニュース・ラジオ番組では各キャスターたちが揃って

「外れた」のボヤキを連発させていたが、

わからないものですね。

いったい抽選に当たる確率とはどんなものかと

申し込みというものをやってみたのだ。

ただし受付開始当日はもちろん、1か月以内では

さすがにトラブルに巻き込まれたり

かなり時間待ちになると予測して、

5月の10連休明けに登録した。

都内の会場や陸上・サッカー・バレー・柔道などの

人気種目も避けて、

地元で場所がわかりやすい幕張メッセ

開催される種目を各開催日ごとに1枚づつ。

それも見にいけそうな、逆に言えば当たらなさそうな土日の日に。

あと福島で開催される野球・ソフトボールも申し込んだ。

一宮町のサーフィンは天候で順延があるからやめた。)

すると朝、30分待ちで結果を見たら

当たったんですよ。フェンシングとテコンドーの決勝の日

とその時間帯に!予選の日じゃないんですよ(外れた)。

なにしろ1枚しか登録していないから当たる確率は

少ないと思ったので、これも幸運ということか。

すぐに購入手続きを、でも

チケット発送に関する詳細は来年5月に発表するとのこと。

伸ばしますねぇ。