沖縄

沖縄連帯コンサートin荒川を鑑賞した話

素晴らしかった。 いい酒を飲むことが出来た。 自由な風の歌合唱団コンサートの練習会場で 見つけたチラシ。 きのう、自宅に近いサンパール荒川で 以前に参加した「悪魔の飽食」東京合唱団が主催する 沖縄に連帯するコンサートを聴きに行ってきたのだ。 池辺…

なぜ沖縄のオスプレイだけが「飛行停止」にならないのか?

最新の毎日新聞の世論調査で 岸田内閣の支持率が急落して36%。 不支持率は54%まで上がった。 mainichi.jp 最大の原因は「安倍元首相の国葬」と「統一教会との関係を断ちきれない」だが こちらの問題も忘れてはいけない。 ポンコツ輸送機「オスプレイ」で…

沖縄そばで知らなかったことだらけ(秘密のケンミンSHOW極で)

先月の23日に横浜の鶴見で 沖縄そば、それもソーキそばを食べて これが本場の味だと喜んでいたら それはまだ「甘い認識」だということが 7日(先週のきのう)に見た日テレの 秘密のケンミンSHOW極スペシャルでわかったのだ。 まず、 ソーキそばは本ソ…

「ちむどんどん」の横浜・鶴見のおきなわ物産センターへ

2022年、本当の沖縄に行けないのなら NHKの朝ドラの舞台にもなった 横浜市鶴見区の沖縄タウンに行ってみようと思った。 6月24日の午前中にJR鶴見駅に降り立ち 日刊ゲンダイのGW特集号の記事を頼りに 京急鶴見駅を突っ切り 鶴見川方面を潮風大通…

沖縄慰霊の日(6月23日)と読書と

何度も書いているが 今年は沖縄に行くことをあきらめた。 そのかわりに沖縄関係の本を読んだり 映画を見たりグルメ(といっても沖縄そばのカップ麺)や お酒(といっても泡盛のハイボールなど)を味わったりして いろいろと本土と沖縄の距離を考えたりした。…

沖縄・西表島・「緑の牢獄」(キネ旬シアターで映画)

まもなく沖縄慰霊の日が近づくが 今年は沖縄に行くのをあきらめ 読書や映画で考えることに切り替えた。 きのう19日は柏市のキネマ旬報シアターで 黄インイク監督作品の 「緑の牢獄」を見た(2021年作品・23日まで) 2018年に亡くなった橋間良子…

石垣島と台湾のあの頃の記録を…「長輝少年の戦争」

きのうは千葉県民の日だが こちらは仕事の日、しかし11日の休日に 京成八幡駅前の古本屋で 読みたい本を見つけた。 2000年(平成12)2月に北水から出版された 「長輝(ちょうき)少年の戦争~石垣島と台湾~」(作・鈴木喜代春 絵・古川ひろし)。 …

5月18日は何の日?(韓国と沖縄と)

きのうは誕生日の前日休暇をとって 社会福祉協議会の切手整理ボランティアに行き (毎週水曜日が活動の日だから) 母のプレゼント代わりに 新しいシェーバーを買う資金の援助があったり 姉からもらった商品券で買い物をしたりと 恵まれた1日だったが、なんと …

沖縄慰霊の日に流れる「月桃の歌」

何度も6月23日に合わせて沖縄に足を運び 戦没者慰霊式典に参加した。 (摩文仁の丘の国営沖縄平和祈念公園で) (この写真は2020年に撮影。) この式典のまえに会場でBGMで流れていた歌が とても気になっていたが、 本土に戻るといつも調べるのを 忘れ…

森口豁さんの「命かじり」の付け足し

きのうは日比谷から銀座までの 沖縄復帰50年を問う集会とデモ行進に参加したが 14日に見た映画「命(ぬち)かじり」の パンフレットにあった文章を 残して置きたい。 まずは森口豁さんの 「踏みつけられた〈小の虫〉」から。 〈大の虫〉を生かすためなら 〈…

東京のど真ん中でウチナーイクサバやナランドーデモに参加した

きのうは「自由な風の歌合唱団」第16回コンサートの初練習に朝から参加した後に 沖縄·一坪反戦地主会関東ブロック主催の 本土復帰50年を問う集会とデモ行進 (ウチナ―イクサバやナランドー・沖縄方言で沖縄を戦場にさせるなという意味)に 参加した。 (吉祥…

命(ぬち)かじりと守口豁(かつ)さんと

きょうは沖縄が日本に返還されて 50周年の日になる。 しかし、NHKの朝ドラ「ちむどんどん」の 視聴率を見ても、周囲の空気を見ても ウクライナ情勢の悪化とコロナ禍の影響で 盛り上がりに欠けている。 私も今年は沖縄行きを断念した。申し訳ない。 そこで…

あなたは自衛隊の「特殊作戦群」が千葉・習志野(船橋市)にあるのを知ってるか?

これは先週の今頃のお話だ。 自民党がウクライナ情勢につけこんで 「反撃能力」と称する 「積極的に戦争できる能力」を保有したいということから。 (下のHP、わたしは田嶋先生を支持する。) www.sponichi.co.jp 17日深夜(18日未明)にTBSテレビ…

沖縄だけではない!千葉・木更津のオスプレイも確実に増えているぞ!

沖縄では名護市長選の結果で 辺野古埋め立てが住民の支持を受けたとされているが だったらこっちはどうなんだというお話。 29日付の東京新聞朝刊社会面より。 「千葉県木更津市は28日、陸上自衛隊が導入した 輸送機V22オスプレイが新たに2機、 暫定…

沖縄の2つの市長選の結果に思う(名護・南城)

非常に残念だった。 なにも出来なかったことが悔しい。 きのう投開票された 沖縄の名護・南城市長選で 辺野古埋め立てに反対する候補が 揃って負けたからだ。 www.asahi.com ryukyushimpo.jp 国からの交付金による市民生活に関する政策の実現などが 名護の現…

23日の沖縄・名護市長選挙でオール沖縄に勝利を!

きのうの東京新聞の1面に あの辺野古沖の軟弱地盤について 防衛省は2015年の段階で その懸念があったと記されている 公的な文書があったと記事に。 このブログでは地元の市民団体や 地質学の専門家が2019年にこの事実があることを問題にしていることを 過去…

沖縄県のコロナ禍の犯人はやっぱり米軍だった!

17日発売の日刊ゲンダイ(18日発行)の記事を見て 「やっぱりなぁ!」と思ったこと。 「先月15日には、10月30日に成田空港に到着した 米海兵隊の20代男性が空港検疫での要請確認後、 翌31日に民間機で沖縄入りしていたことが発覚。 米軍関係者…

辺野古の土砂投入から3年 抗議の声は続く

10・31の総選挙は 民意の反映しない結果に終わったが それでも沖縄県名護市辺野古沖の 埋め立てに反対する声は終わらない。 それどころか海岸の軟弱地盤が大騒動になり 政府が埋め立て工事に関する設計変更について 沖縄県の玉城デニー知事が不承認にし…

沖縄「ガマフヤー」の訴えで自治体側の「意見書採択」が次々と 大阪市も!

ガマフヤー、具志堅隆松さんが訴え続ける 沖縄本島南部の土を辺野古埋め立てに使うなという件が 全国の市町村議会で「埋め立て反対」の意見書提出が採択されている報告が たくさん出てきている。 (新聞うずみ火10月号より、以下の文もこの記事より一部抜…

山城博治さんが沖縄平和運動センター議長退任「でも、お疲れ様ではない」

座り込め ここへ 座り込め ここへ 座り込め ここへ ここへ座り込め この文字だけでは あの時の熱さと一体感が伝わらない。 でも、2018年に初めて辺野古のキャンプシュワブ前の テント村行動で見た、この人の激しくそして楽しさもある 基地反対の訴え、と…

沖縄米軍基地の「有害フッ素化合物」政府が抗議したら押し付けられた「保管と処理」(赤木ファイルも)

抗議をしたら 「じゃアお前がやれよ」と言われたら あなたならどうする? 殆どの人が 誰だって「断る!」というだろう。 しかし、沖縄の米軍基地においては そうはいかない。 日刊ゲンダイ18日発売の紙面の左の記事より 以前書きこんだ普天間飛行場の 有害…

沖縄「本島南部の遺骨が入った土を辺野古埋め立てに使うな」署名3万名に!

以前に何度もブログに書いた、 「ガマフヤー」具志堅隆松さんの訴えていた 沖縄本島の南部戦跡の土を 辺野古埋め立てに使わないでほしいの件。 署名が3万件になり 14日に政府に提出したことが 16日の東京新聞特報面で伝えられた。 この日は 宗教者団体…

米軍が沖縄で「だまし討ち」有害物質垂れ流し(PFOS/PFOA)

アメリカ海兵隊(米軍)が敷地内に貯蔵されていた PFOS(有害フッ素化合物・またはPFOA)を含む 約6万4000リットルを放出した。 日時は先月26日、しかも 日米両政府がその放出に関して 協議中と沖縄県と地元の宜野湾市(普天間基地がある)が…

(沖縄)キャンプシュワブにも「遺骨」が眠っている

沖縄・名護市の辺野古地区は 「埋め立て」が大きな問題になっているが、 ここにある米軍「キャンプシュワブ」が かって沖縄戦の後に 死から逃れた住民を収容した施設があったこと。 これはあまり知られていない。 きのうの東京新聞「こちら特報部」は この歴…

今年はテレビで 沖縄全戦没者追悼式

ああ、 摩文仁の丘は雨が降っていた。 昨年も朝は雨が降っていた、6月23日。 その前日は激しい雨の中、辺野古のキャンプシュワブ前や 琉球セメントの工場と桟橋を結ぶ道にあるバス停に佇んで 埋め立て工事が進む事実を見つめながらも あわや風邪をひくと…

「ガマフヤー」具志堅隆松さんの知らなかった発掘(沖縄戦)

毎年、慰霊の日に合わせて 沖縄に行った。 今年はコロナウイルスの緊急事態宣言の影響で 見合わせることになった。 残念なことだ。 19日のTBSテレビ「報道特集」では このブログで書き続けている 具志堅隆松さんのことを取り上げていた。 いままで「ガ…

沖縄でまた!米軍からの落とし物で「不法捜査」!

落とし物を拾ったら 警察に届けなさい。 日本はそれを国民が当たり前のようにやっている。 だから財布を落としても 高い確率で落とし主に戻ってくる。 それを外国人は「ニッポンスバラシー」と感動する。 ずいぶんと聞いている話だ。 しかしこれからのことは…

二つの憤激! ワクチン「職域」接種の非正規排除と 宮古島「自衛隊」ミサイル強行配備と

仕事帰りに「日刊ゲンダイ」を買ったら 見逃すことのできないニュースが二つあった。 政府は21日から職域、つまり企業や事業所単位そして大学での コロナワクチン接種を実施することを発表した。 ここまでは新聞の朝刊を読んで知っている。 問題なのはここ…

また無意味な法律ができちゃって「私権制限」と「やってる感」ですか?

コロナ禍で いまの「緊急事態宣言」では感染拡大がおさまらないので もっと国が強力な権限を持てる法改正や 改憲をすべきだとする 物騒な論議が起きている。 私はこれには反対だ。 これを許せば日本は中国のように 国家のワガママで人権や民主主義を破壊する…

沖縄に持ち込まれ放題だった「核兵器」

今年、沖縄に行くことをあきらめた。 辺野古埋め立てに南部戦跡(糸満市米須の)の土砂を使うことに 反対するハンストを直接応援したい、 もちろんキャンプハンセン前の直接行動にも 参加したかった。 しかし、沖縄県は まん防こと「まん延防止等重点措置」…