2021年初の勝った、勝った、勝ったぁー(Jリーグ・水戸にて)

コロナ禍で見に行くことに

不自由が強いられたJリーグだった。

だから5月23日、ヴァンフォーレ甲府

水戸ホーリーホックの試合(水戸・ケーズデンキスタジアム)が

ビジターのサポーターでも買えることを知った時は

喜びで小躍りしたほどだった。

f:id:shiraike:20210523131347j:plain

水戸駅北口からのシャトルバスより。)

しかし、思わぬ失敗をした。

ビジターのバックスタンド席の前売り券を買ったつもりが

ホームの席を買ってしまったのだ。

f:id:shiraike:20210523194550j:plain

f:id:shiraike:20210523194617j:plain

(ホームのバックスタンド席より撮影。互いのチームのマスコットが

 「逃げ恥」の恋ダンスをやって盛り上げた。)

どうすることもできないままキックオフ。

すると、前半5分にDF関口正大が見事に先制ゴールを決めてくれた。

しかし大喜びすることは出来ない。

そしたら10分後くらいにスタッフの帽子をかぶった方に

「きょうは水戸の応援にいらしたのですか。」

声をかけられ、正直に事を話したら

ビジターの席まで案内してくれた。

肩身の狭い思いをしていたことを

見てくれたのだろう。

申し訳ないことをお詫びしたら

「わかりにくいってよく言われるんですよ。

 お気になさらないでください。」と。

ただただ恐縮。

幸いにもゴール裏の芝生席に余裕があったので

「三密」を避けてゆったりと座って応援、

といきたかったが、

水戸ホーリーホックは徹底的な波状攻撃をかけ続けて

コーナーキックのチャンスを何度も掴んだ。

前半だけでなく後半も。

まさに心臓がつぶれてしまうんじゃないかと

思いながら、辛抱一途で応援した。

それが実って逃げ切り勝ち。

f:id:shiraike:20210523200706j:plain

f:id:shiraike:20210523200740j:plain

でも歓喜の声を上げられないので

早々にスタジアムを後にした。

 

本当にスタッフの皆さまに心から感謝したい。

茨城県も自主的にまん延防止を取っていて

観客数の制限だと

苦しい思いでやっているはずだ。

私たちに出来ることは

茨城にお金を落とすくらいなのだが、

この日は駅ビルでかったローストビーフ水戸駅ビルのパパゲーノ)弁当と

梅ようかんのみ。

 

大河ドラマ「青天を衝け」で

徳川慶喜フィーバーが観光効果になることを

心から祈ります!

水戸対甲府 - J2スコア詳細 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

バイキングレストラン パパゲーノ (バイキング)|水戸駅ビル エクセル | JR水戸駅直結の駅ビル (excel-mito.com)

茨城県立歴史館で大河ドラマ「青天を衝け」巡回展 草彅剛さん着用衣装も - 水戸経済新聞 (keizai.biz)

渋沢栄一と水戸藩をひもとく 大河「青天を衝け」水戸も舞台 パネル展や書の公開:東京新聞 TOKYO Web (tokyo-np.co.jp)