勝った、勝った、勝ったー

スタジアムに来るまで緊張感が止まらなかった。

キックオフになると心臓の鼓動がいやがおうにも

高くなった。逃げ出したい気持ちも少しだけ出た。

でも最後まで見て応援して、その結論は

やっぱりサッカー観戦は生が一番最高だということ。

f:id:shiraike:20190420212909j:plain

4月20日に行われた明治安田生命J2リーグ第10節

ヴァンフォーレ甲府(VF甲府)と京都サンガFCの一戦。

球団解散危機の2002年の頃からサポーターとして応援し続けて、

今年はJ2陥落後2年目。開幕戦は引き分けに終わったが

そこからは無敗で勝ち点を積み重ねて上位に定着しながら

前節は水戸ホーリーホックにまさかの逆転負け。

この嫌な雰囲気をどうにかしてほしいと願いつつ

メイン自由席で90+5分を試合に応援に集中した。

前半相手のハンドでPKのチャンスをつかむも

ドゥドゥがバーの上にフカして残念。

一進一退、攻守が激しく入れ替わる試合展開で

均衡を破ったのはピーターウタカと交代で入った

曽根田 穣の見事な仕事だった。積極的にボールを

奪い取り、攻撃のチャンスをつくり

佐藤 洸一からのパスからゴール近くに攻め込んでゴール!

アディショナルタイムは前節同様5分の長時間だったが

最後まで瀬戸際で守り切り、3試合ぶりの勝ち点3をゲットした。

この日はゲンをかつぐため以前試合前に食べていた店を

やめてスタジアムグルメでやきとりの丼を初めて食べたのだが

これも効果ありなのかと思う(名前を記録しなかったのは残念!)

またこの試合は甲斐市のサンクスデーで

ご当地ヒーローの「甲州戦記サクライザー」も力強い応援をしてくれた。

ヒーローもいろいろありますねぇ。

甲州戦記 サクライザー