JR木下駅

「しまった!ちゃんと駅舎の写真を撮っとけばよかった。」
昨日ちばレインボーバス津田沼から乗り継いでJR木下駅までたどり着いたが、
前回行った時に見た旧駅舎はすっかりなくなり、新しい橋上駅舎になっていた。

もっとも前回とは去年の夏のことでその頃から駅周辺では工事が始まっていて
駅舎は残っていたが、自由通路のようなものでも作るのかなと勝手に想像していたが、
こんな豪華な(?)駅舎が完成するとは予想外だった。
バス乗り場がある南入口には、旧駅舎とともに歩んだ歴史がパネルになっていた。

成田線の電化した時の祝賀行事や、印旛高校が甲子園で準優勝した時の盛り上がりなどの写真もあり
なかなか興味深い。階段をのぼりコンコースに向かうと「木下音頭」の紹介などの展示があった。
北入口(旧駅舎のあった)には木下の渡しの歴史に関するパネルもあり
鉄道が開業する前からの、水郷ともいわれたこの街のあらましが良くわかった。
そして帰宅した後で旧駅舎の写真を捜したが、結局撮っていないことがわかり最初の「後悔」になったもの。
歴史のある駅舎は、写真にしっかりおさめておこうと改めて思った。