福島

続・福島第一原発事故「おすいせん」2年後に海洋放出だってよ

きのうのブログでは福島第一原発事故の汚染水について ほかにないならやればいいでしょうと書いたが 当然ながら反対する側の意見や 根拠ある理由に基づいた「対案」が webやSNSでたくさん出ている。 しかしテレビやラジオ、新聞などは その言説をまったく…

福島第一原発事故「おすいせん」2年後に海洋放出だってよ

それしか方法がないなら やればいいでしょう。 福島第一原発事故の廃炉処理でたくさん出た 「おすいせん」こと汚染水の海洋放出。 だが条件がある。 福島沖で獲れた魚を首都圏で安く、いや 安くなくてもいいからもっと食わせろ。 これが出来なきゃ誰だって反…

石井麻木写真展「3.11からの手紙/音の声」を見た

本当なら3月の福島の旅で見る予定だった。 石井麻木さんの写真展「3.11からの手紙/音の声」。 東日本大震災・原発事故伝承館の隣にある 双葉町産業交流センターで先月6日から行われていたが、 豪雨と突風の旅でさらに寝坊もしたため、 見に行ったのは …

写真で見てほしい「原発いらない10年さようなら原発首都圏集会」

27日、日比谷公園大音楽堂で行われた さようなら原発首都圏集会に行ってきた。 13時から1時間半おこなわれた後に ここから東電本店前を通って 銀座方面のデモ行進。 集会のスピーチはkeitarou1212さんの twicasting.tvを見てもらうとして ライブ keitaro…

豪雨と突風の旅 いわき・小高・楢葉木戸(8)

(25日のブログのつづきです。度々申し訳ございません。) 書店「フルハウス」を後にして 小高からいわき行の各駅停車に乗り 予約した宿のある木戸へ向かう。 いわきから小高へ移動するときに 持っていた測定器で車内の空間線量を計ってみたが 平均して0…

聖火リレー出発も福島は「五輪祭り」から排除される!(その理由)

25日の東京新聞「こちら特報部」は 東京五輪(パラリンピック)の聖火リレーの出発する福島県は いまだ「原子力緊急事態宣言」が出ている最中だと ご存知ですかと語りかけている。 「1999年に9月に起きたJCO臨界事故(茨城県大洗町) を受けて制定…

豪雨と突風の旅 いわき・小高・楢葉木戸(7)

(きのうのブログのつづき) ついに小高駅前の書店 「フルハウス」の中に入った。 ドアを開けるとテーブルがあって カフェスペースになっていた。 11時から16時まで コーヒーが飲めたり、地元の「荒井牛乳」のアイスクリームが 味わえることが出来るそう…

豪雨と突風の旅 いわき・小高・楢葉木戸(6)

(すみません。21日のブログからのつづきです。) いわき震災伝承みらい館から バスに乗り継いで JRいわき駅についたのは13時半過ぎ。 原ノ町行の各駅停車は15時19分に発車する。 その間に駅近くの「珍味楼」で 麻婆豆腐定食で昼食をとる。 ごはん…

豪雨と突風の旅 いわき・小高・楢葉木戸(4)

(きのうのブログのつづき) いわき震災伝承みらい館で、 佐藤トミ子さんの語り部を聞き終えて 館内の展示を見る前に 一つの絵画を目にした。 企画展「姫花ちゃんのハンカチ」だった。 震災の2年前に塩屋埼灯台の絵を描いた 鈴木姫花さんは将来デザイナーに…

豪雨と突風の旅 いわき・小高・楢葉木戸(3)

(きのうのブログのつづき) いわき震災伝承みらい館の語り部、 佐藤トミ子さんは久ノ浜地区で津波に遭い 避難はしたが原発事故のために 高台にあった寺から10km以上も離れた 県立湯本高校の体育館に避難を余儀なくされ 被災者名簿の作成や避難所の運営…

豪雨と突風の旅 いわき・小高・楢葉木戸(2)

(きのうのブログのつづき) 「地震が来たときに津波が来るなんて 思わなかったんですよ。だから 揺れが収まった後に部屋の片づけをしたんです。 避難はしないでね。 倒れたテレビを元の位置に戻して つけて見たら大きな津波が来たって ニュースをやってた。…

豪雨と突風の旅 いわき・小高・楢葉木戸(1)

いやはや、天候の巡り合わせがきつい旅だった。 昨年は日帰りにした 福島・浜通りの旅。 今年は旅で使えるポイントの一部が 昨年末で切れるところを コロナの緊急事態宣言のために 今月末まで延長になったため 急きょ1泊にして宿を予約した。 もちろん体調…

福島第一原発事故を風化させないために 吉田千亜さんの場合

吉田千亜さん。 初めて知ったきっかけは 地元の東日本大震災松戸東北交流プロジェクト 「黄色いハンカチ」の総会で 様々な団体の活動パンフレットを見たときに、 埼玉県で自主避難者をサポートする 川越市のプロジェクトのを見た時に その名前を見たことから…

11月の「黄色いハンカチ」防災井戸端会議

先週の18日、松戸市社協の切手整理ボランティアを 終えて、昼食をとった後 ふと思いついて 北小金にある 東日本大震災復興支援松戸・東北交流プロジェクト 「黄色いハンカチ」のカフェ散歩びよりに 足を向けた。 この日は、 13時半から講座「防災井戸端…

やっぱり杜撰だった 福島県の「東電原発事故」のデータ管理

いまの政府は 自分に都合の悪い公文書を削除したり 改ざんしたり、黒塗りにして開示したりすることを 当たり前のようにやっている。 だからこの記事をみても 何の驚きもしなかった。 でもこれでは次の世代に申し訳ないということで 8日の東京新聞特報面から…

「ウワサのお客様」を見て 会津裁ちそばを買ってしまった

テレビの影響とか ネットで評判だとかという流れには あんまり乗りたくない性分なのだが、 先月25日のフジテレビ「ウワサのお客様」を 見た時に DEENの池森秀一がおすすめだといってた 会津の裁ちそばが どうしても食べたくなったのだ。 そば通といえ…

続・この火事場泥棒め!

昨日のブログで書き忘れていた 火事場泥棒がいた。 東京電力と経済産業省(経産省)である。 (東京新聞12日朝刊「こちら特報部」より・下の写真も) 東京電力の福島第一原発事故の処理で生じた 放射性物質トリチウムを大量に含んだ汚染水の 海洋放出を急…

福島第一原発事故で双葉町から逃げ遅れて「被ばく」だって!

マスコミ報道は感染者数が増え続けている 新型コロナウイルスのことばかりだが、 これも無視することはできない。 そうでなくても東日本大震災から9年、 14日で、熊本(大分)地震から4年になろうと しているのだから。 5日の東京新聞「こちら特報部」…

新生活を迎えて準備中ですが…

ついに3月もきょうで終わりだが、 卒業、入学、就職などと慌ただしい 日々を送っている人たちが多いと思う。 もっとも新型コロナウイルス騒動のおかげで 卒業式や入学式が中止になったり 入社式などがWebでやることになった企業も出たりして なんとも異様な…

原ノ町から仙台まで

(きのうのブログの続きから) 3月14日、原ノ町で目的を終えたところで さらにもう一つの目的を思い出して 仙台行きの列車に乗る。 11時51分発の予定が時間の遅れで 10分後に発車する。 全線開通で歓迎ムードがあり その関係があったのだろうか。 …

原ノ町駅前 まちなかひろばと屋台広場

(きのうの続きから・3月14日のこと) 原ノ町駅で列車を降りて 気になる場所へと向かった。 まちなかひろばと屋台広場だった。 前に行ったのは2015年(平成27年)のこの頃。 もう5年前になる。 あの時は屋台広場で みそラーメンを食べて 地元の松…

常磐線全線開通 3月14日の祝福

2020年3月14日。 震災と原発事故の影響で 復旧が遅れていた JR常磐線の 富岡・浪江間は開通して 全線がつながった。 私は、早朝から普通列車を乗り継ぎ いわき発9時30分発の原ノ町行き列車で 開通区間を乗りつぶしたが 停車する各駅で歓迎と喜び…

映画「盆唄」で思う真の復興とは

東日本大震災から 今年で9年を迎える。 いきなりではあるが、 盆歌と聞いて連想するのは、 かっての人気テレビ番組「8時だョ!全員集合」のテーマにもなった 「北海盆唄」だが、 福島にもそれがあったのだ。 3月1日にCSチャンネルで見た 映画「盆唄」…

センバツ開催中止で悔しいだろうなぁ 磐城高校

3月11日。日本高校野球連盟(高野連)は 今年の選抜高等野球大会の 中止を決めた。 新型コロナウイルスの感染予防のために 政府が自粛要請の延長を呼び掛け、というより 押し付けられたことによるものだ。 私にとって残念だったのは 21世紀枠で出場する…

「東海第二原発再稼働工事をやめよ!日本原電本店前行動」の追記

3月7日の東電前と日本原電本社前行動で さまざまなメッセージをいただいたので 記録として残しておきたい。 まずは東電福島原発訴訟団共同代表の 武藤類子さんから。 長い年月、毎月、東電前で行動を起こしてくださっている皆さまに、 心から感謝いたしま…

また忖度で表現の自由を妨害する気か!今度は外務省!

何でも、 新型コロナウイルスの検査体制の拡充において 国立感染症研究所が妨害行為をしているの疑いが 向けられているようだが、 この研究所自体もずいぶん前から 予算と人員が削られていたことが 国会で追及を受けている。 本来ならばパンデミック絡みで …

1月4日のうちに行ってきた(銀座・日本橋・渋谷)

年末年始の忙しさが一段落した 4日に回ってみたいところが あって都内に外出に。 まずクーポン券をもらっていた 銀座の「沖縄わしたショップ」へ。 好みにしている「オキコパン」を まず最初にキープ。 特に「チョコメロン」は なんと3種類もあってラッキ…

福島第一原発 8年後の廃炉作業の現況

12月4日の東京新聞朝刊8面の 「こちら原発取材班」では、 福島第一原発事故の廃炉作業中に 1号機の原子炉上部に設置された 重さ500トン超もある コンクリート製のふた(ウェルプラグ)が 水素爆発の衝撃でずれ落ちたことで 隣接のプールから使用済み…

台風19号で福島原発事故汚染土が流出へ

台風19号では関東地方と・長野県そして 東北などに激しい豪雨をもたらした。 私はその時、 福島原発事故の汚染土が入ったフレコンバッグが 流出したというニュースを見て 土壌まるごと下流に流れ込んで 放射性物質がばら撒かれてしまっているのではないか…

ICRP新勧告「年間1ミリシーベルトまで下げる」を緩和させる愚策と関西電力「黒い霧」事件

9月17日の東京新聞朝刊「こちら特報部」 国際放射線防護委員会(ICRP)が原発事故の復旧期の目標である 「年間1ミリシーベルトまで下げる」を 年間1ミリシーベルト「程度」までに変える 新勧告案を唐突に出してきたというのだ。 英文の原文では「th…